名前空間
変種
操作

std::erase, std::erase_if (std::deque)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | deque
 
 
 
 
ヘッダ <deque> で定義
template< class T, class Alloc, class U >
void erase(std::deque<T,Alloc>& c, const U& value);
(1) (C++20以上)
template< class T, class Alloc, class Pred >
void erase_if(std::deque<T,Alloc>& c, Pred pred);
(2) (C++20以上)
1) コンテナから value と等しいすべての要素を削除します。 c.erase(std::remove(c.begin(), c.end(), value), c.end()); と同等です。
2) コンテナから述語 pred を満たすすべての要素を削除します。 c.erase(std::remove_if(c.begin(), c.end(), pred), c.end()); と同等です。

目次

[編集] 引数

c - 削除元のコンテナ
value - 削除する値
pred - 要素が削除されるべき場合に ​true を返す単項述語。

pred(v)T 型 (およびその const 修飾された型) のすべての引数 v について、その値カテゴリにかかわらず、 bool に変換可能でなければなりません。 また、 v を変更してはなりません。 そのため、引数の型 T& は許されません。 また、 T に対してムーブがコピーと同等でなければ T も許されません。 (C++11以上) ​​

[編集] 計算量

線形。

[編集]

#include <iostream>
#include <numeric>
#include <deque>
 
void print_container(const std::deque<char>& c)
{
    for (auto x : c) {
        std::cout << x << ' ';
    }
    std::cout << '\n';
}
 
int main()
{
    std::deque<char> cnt(10);
    std::iota(cnt.begin(), cnt.end(), '0');
 
    std::cout << "Init:\n";
    print_container(cnt);
 
    std::erase(cnt, '5');
    std::cout << "Erase \'5\':\n";
    print_container(cnt);
 
    std::erase_if(cnt, [](char x) { return (x - '0') % 2 == 0; });
    std::cout << "Erase all even numbers:\n";
    print_container(cnt);
}

出力:

Init:
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 
Erase '5':
0 1 2 3 4 6 7 8 9 
Erase all even numbers:
1 3 7 9


[編集] 関連項目

一定の基準を満たす要素を削除します
(関数テンプレート) [edit]