名前空間
変種
操作

std::deque に対する推定ガイド

提供: cppreference.com
< cpp‎ | container‎ | deque
ヘッダ <deque> で定義
template< class InputIt,

          class Alloc = std::allocator<typename std::iterator_traits<InputIt>::value_type>>
deque(InputIt, InputIt, Alloc = Alloc())

  -> deque<typename std::iterator_traits<InputIt>::value_type, Alloc>;
(C++17およびそれ以降)

イテレータ範囲からの推定を可能とするため、この推定ガイドが deque に対して提供されます。 このオーバーロードは、InputItInputIterator を満たし、 AllocAllocator を満たす場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。

ノート: ある型が InputIterator を満たさないとライブラリが判断する範囲は、少なくとも整数型が入力イテレータとして適合しないことを除いて、未規定です。 同様に、ある型が Allocator を満たさないと判断される範囲も、少なくともメンバ型 Alloc::value_type が存在しなければならず、式 std::declval<Alloc&>().allocate(std::size_t{}) が評価されない被演算子として扱われたときに well-formed でなければならないことを除いて、未規定です。

[編集]

#include <deque>
#include <vector>
int main() {
   std::vector<int> v = {1, 2, 3, 4};
 
   // uses explicit deduction guide to deduce std::deque<int>
   std::deque x(v.begin(), v.end()); 
 
   // deduces std::deque<std::vector<int>::iterator>
   // first phase of overload resolution for list-initialization selects the candidate
   // synthesized from the initializer-list constructor; second phase is not performed and
   // deduction guide has no effect
   std::deque y{v.begin(), v.end()}; 
}