名前空間
変種
操作

std::UnsignedIntegral

提供: cppreference.com
< cpp‎ | concepts
ヘッダ <concepts> で定義
template < class T >
concept UnsignedIntegral = std::Integral<T> && !std::SignedIntegral<T>;
(C++20以上)

コンセプト UnsignedIntegral<T>T が整数型であり std::is_signed_v<T>false である場合にのみ満たされます。

[編集] ノート

UnsignedIntegral<T>符号なし整数型でない型によっても満たされることがあります (例えば bool)。

[編集] 関連項目

型が整数型かどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]
(C++11)
型が符号付き算術型かどうか調べます
(クラステンプレート) [edit]