名前空間
変種
操作

コメント

提供: cppreference.com
< cpp
 
 
C++言語
一般的なトピック
フロー制御
条件付き実行文
繰り返し文 (ループ)
ジャンプ文
関数
関数宣言
ラムダ関数宣言
inline 指定子
例外指定 (非推奨)
noexcept 指定子 (C++11)
例外
名前空間
指定子
decltype (C++11)
auto (C++11)
alignas (C++11)
記憶域期間指定子
初期化
代替表現
リテラル
ブーリアン - 整数 - 浮動小数点
文字 - 文字列 - nullptr (C++11)
ユーザ定義 (C++11)
ユーティリティ
属性 (C++11)
typedef 宣言
型エイリアス宣言 (C++11)
キャスト
暗黙の変換 - 明示的な変換
static_cast - dynamic_cast
const_cast - reinterpret_cast
メモリ確保
クラス
クラス固有の関数特性
特別なメンバ関数
テンプレート
その他
 
 

コメントはある種のコード内ドキュメントとしての機能を持ちます。 プログラム内に挿入されたとき、それらは実質的にコンパイラによって無視されます。 それらはソースコードを読む人間によって注釈として使用されることだけが意図されています。 コメントの具体的な内容は C++ 標準の一部ではありませんが、様々な形式でコメントを解析するユーティリティがいくつか存在します。

目次

[編集] 構文

/* comment */ (1)
// comment (2)
1) 「C スタイル」または「複数行」のコメントなどと呼ばれます。
2) 「C++ スタイル」または「単一行」のコメントなどと呼ばれます。

すべてのコメントは、翻訳フェーズ3で、各コメントが1個のホワイトスペース文字で置き換えられることによって、除去されます。

[編集] C スタイル

C スタイルのコメントは、通常、大きなテキストブロックのコメントを書くために使用されますが、単一行のコメントを書くために使用することもできます。 C スタイルのコメントを挿入するには、単純に /**/ でテキストを囲みます。 これでそのコメントの内容はコンパイラによって無視されるようになります。 C++ 標準の一部ではありませんが、ドキュメントブロックを示すために /***/ がしばしば使用されます。 2つめのアスタリスクは単純にコメントの一部として扱われるので、これは合法です。 C スタイルのコメントはネストすることができません。

[編集] C++ スタイル

C++ スタイルのコメントは、通常、単一行のコメントを書くために使用されますが、複数行のコメントを書くために C++ スタイルのコメントを複数並べることもできます。 C++ スタイルのコメントは // と改行の間のすべての内容を無視するようコンパイラに指示します。

[編集] ノート

コメントはプリプロセッサステージより前に除去されるため、コメントを形成するためにマクロを使用することはできず、終了していない C スタイルのコメントが #include されたファイルから溢れ出ることもありません。

コメントアウトの他に、ソースコードを除外させるために使用される以下のような方法もあります。

#if 0
    std::cout << "this will not be executed or even compiled\n";
#endif

また、以下のような方法もあります。

if(false) {
    std::cout << "this will not be executed\n"
}

[編集]

/* C-style comments can contain
multiple lines */
/* or just one */
 
// C++-style comments can comment one line
 
// or, they can
// be strung together
 
int main()
{
  // The below code won't be run
  // return 1;
 
  // The below code will be run
  return 0;
}


[編集] 関連項目

コメントC言語リファレンス