名前空間
変種
操作

std::chrono::zoned_traits

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
ヘッダ <chrono> で定義
template < class TimeZonePtr >
struct zoned_traits { };
(1) (C++20およびそれ以降)
template <>
struct zoned_traits<const std::chrono::time_zone*>;
(2) (C++20およびそれ以降)

クラス zoned_traits はカスタムタイムゾーンポインタ型を渡したときの std::chrono::zoned_time のコンストラクタの動作をカスタマイズする方法を提供します。 特に、使用するデフォルトのタイムゾーンと、タイムゾーンの名前から対応するタイムゾーンポインタへのマッピングを、そのような型に対して指定できるようにします。 カスタムタイムゾーンポインタ型がいずれの操作もサポートしないことも可能です。 その場合、 zoned_time の対応するコンストラクタは、オーバーロード解決に参加しません。

プライマリテンプレートは空です。 デフォルトのタイムゾーンポインタ型である const std::chrono::time_zone* に対する特殊化が提供されます。

目次

[編集] メンバ関数

std::chrono::zoned_traits<const std::chrono::time_zone*>::default_zone

static const std::chrono::time_zone* default_zone();

デフォルトタイムゾーン (UTC) に対するタイムゾーンポインタを返します。

戻り値

std::chrono::locate_zone("UTC").

std::chrono::zoned_traits<const std::chrono::time_zone*>::locate_zone

static const std::chrono::time_zone* locate_zone(std::string_view name);

name で指定されたタイムゾーンに対するタイムゾーンポインタを返します。

戻り値

std::chrono::locate_zone(name).