名前空間
変種
操作

std::chrono::year_month_day::operator+=, std::chrono::year_month_day::operator-=

提供: cppreference.com
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
constexpr std::chrono::year_month_day& operator+=(const std::chrono::years& dy) const noexcept;
(1) (C++20以上)
constexpr std::chrono::year_month_day& operator+=(const std::chrono::months& dm) const noexcept;
(2) (C++20以上)
constexpr std::chrono::year_month_day& operator-=(const std::chrono::years& dy) const noexcept;
(3) (C++20以上)
constexpr std::chrono::year_month_day& operator-=(const std::chrono::months& dm) const noexcept;
(4) (C++20以上)

時点 *this の表現を時間 dy 年または dm ヶ月変更します。

1) *this = *this + dy; と同等です。
2) *this = *this + dm; と同等です。
3) *this = *this - dy; と同等です。
4) *this = *this - dm; と同等です。

[編集] ノート

std::chrono::months に変換可能だけれども std::chrono::years には変換できない duration は、 year_month_day に直接加算または減算できます。 std::chrono::years に変換可能な duration は、できません。 std::chrono::months にも変換可能なため、曖昧な結果となります。

using namespace std::chrono;
 
using decades = duration<int, std::ratio_multiply<std::ratio<10>, years::period>>;
using kilomonths = duration<int, std::ratio_multiply<std::kilo, months::period>>;
 
auto ymd = 2001y/April/10;
ymd += decades{1}; // error, ambiguous
ymd += kilomonths{1}; // OK

[編集] 関連項目

year_month_day に何年かまたは何ヶ月かを加算または減算します
(パブリックメンバ関数) [edit]