名前空間
変種
操作

std::chrono::weekday_indexed

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
weekday_indexed
(C++20)

(C++20)

(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
ヘッダ <chrono> で定義
class weekday_indexed;
(C++20以上)

クラス weekday_indexed は、グレゴリオ暦の曜日を表す weekday を、範囲 [1, 5] の小さなインデックス n と組み合わせます。 これは、何らかの月の1回目、2回目、3回目、4回目、または5回目のその曜日を表します。

weekday_indexedTriviallyCopyable かつ StandardLayoutType です。

[編集] メンバ関数

weekday_indexed を構築します
(パブリックメンバ関数) [edit]
格納されている weekday にアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]
格納されているインデックスにアクセスします
(パブリックメンバ関数) [edit]
曜日とインデックスが両方とも有効かどうか調べます
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] 非メンバ関数

2つの weekday_indexed オブジェクトを比較します
(関数) [edit]
weekday_indexed をストリームに出力します
(関数テンプレート) [edit]