名前空間
変種
操作

std::chrono::operator+, std::chrono::operator- (std::chrono::weekday)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | weekday
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
constexpr std::chrono::weekday operator+(const std::chrono::weekday& wd,
                                         const std::chrono::days& d) noexcept;
(1) (C++20以上)
constexpr std::chrono::weekday operator+(const std::chrono::days& d,
                                         const std::chrono::weekday& wd) noexcept;
(2) (C++20以上)
constexpr std::chrono::weekday operator-(const std::chrono::weekday& wd,
                                         const std::chrono::days& d) noexcept;
(3) (C++20以上)
constexpr std::chrono::days operator-(const std::chrono::weekday& wd1,
                                      const std::chrono::weekday& wd2) noexcept;
(4) (C++20以上)
1-2) wdd.count() 日を加算します。 結果の曜日の値は、まず static_cast<long long>(unsigned(wd)) + d.count() が評価され、それを7で割った剰余を取って範囲 [0, 6] 内の整数に縮小します。
3) wd から d.count() 日を減算します。 return wd + -d; と同等です。
4) wd1.ok()wd2.ok() がどちらも true であれば、 d.count() が範囲 [0, 6] 内かつ wd2 + d == wd1 であるような std::chrono::days の値 d を返します。 そうでなければ、戻り値は未規定です。

目次

[編集] 戻り値

1-3) 上の説明通りに計算された曜日の値を保持する std::chrono::weekday
4) wd1wd2 の距離を表す std::chrono::days

[編集] ノート

計算がオーバーフローしない限り、 (1-3) は必ず、 wd.ok()false であっても、有効な weekday を返します。

[編集]

[編集] 関連項目

曜日をインクリメントまたはデクリメントします
(パブリックメンバ関数) [edit]
日数を加算または減算します
(パブリックメンバ関数) [edit]