名前空間
変種
操作

std::chrono::tzdb::locate_zone

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | tzdb
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
std::chrono::tzdb
メンバ関数
tzdb::locate_zone
 
const std::chrono::time_zone* locate_zone(std::string_view tz_name) const;
(C++20以上)

tz_name によって指定されたタイムゾーンを表す、このデータベース内の std::chrono::time_zone を指すポインタを取得します。 p を返されたポインタとした場合、 p->name() == tz_name であるか、 p->name() == l.target() かつ l.name() == tz_name であるような std::chrono::link l がこのデータベースに存在するかの、どちらかです。

[編集] 戻り値

tz_name で指定されたタイムゾーンを表す、このデータベース内の std::chrono::time_zone を指すポインタ。

[編集] 例外

そのような time_zone を見つけられなければ、 std::runtime_error を投げます。