名前空間
変種
操作

std::chrono::time_zone

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
time_zone
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
ヘッダ <chrono> で定義
class time_zone;
(C++20およびそれ以降)

クラス time_zone は特定の地域に対するすべてのタイムゾーンの移行を表します。

ユーザは time_zone オブジェクトを構築することはできません。 タイムゾーンデータベースが初期化されたとき、ライブラリの実装によって time_zone オブジェクトが作成され、それらのオブジェクトへの const アクセスが提供されます。

time_zone はコピー可能ではありませんが、デフォルト化されたムーブコンストラクタとデフォルト化されたムーブ代入演算子を持ちます。 しかしユーザは time_zone オブジェクトへの const アクセスしか持たないので、未定義動作を起こさずにユーザのコードからこれらの関数を呼ぶことはできません。

[編集] メンバ関数

この time_zone の名前を取得します
(パブリックメンバ関数) [edit]
sys_time または local_time に関連する情報を取得します
(パブリックメンバ関数) [edit]
このタイムゾーンの local_timesys_time に変換します
(パブリックメンバ関数) [edit]
sys_time をこのタイムゾーンの local_time に変換します
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集] 非メンバ関数

2つの time_zone オブジェクトを比較します
(関数) [edit]