名前空間
変種
操作

std::chrono::system_clock

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
system_clock
(C++11)
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
std::chrono::system_clock
 
ヘッダ <chrono> で定義
class system_clock;
(C++11およびそれ以降)

クラス std::chrono::system_clock はシステム全体の実時間の壁時計を表します。

これは単調でない場合があります。 ほとんどのシステムではシステム時計をいつでも調整することができます。 これは時刻を C スタイルの時刻に対応付けできる (そして、つまり、表示することができる) 能力を持つ C++ の唯一の時計です。

std::chrono::system_clockTrivialClock の要件を満たします。

system_clock のエポックは未規定ですが、ほとんどの処理系は Unix Time (つまり、協定世界時 (UTC) 1970年1月1日木曜日0時0分0秒からの、閏秒を含まない経過時間) を使用します。

(C++20以前)

system_clock は Unix Time (つまり、協定世界時 (UTC) 1970年1月1日木曜日0時0分0秒からの、閏秒を含まない経過時間) を計測します。

(C++20およびそれ以降)

目次

[編集] time_point ファミリー

名前空間 std::chrono で定義
template<class Duration>
using sys_time = std::chrono::time_point<std::chrono::system_clock, Duration>;
(C++20およびそれ以降)
using sys_seconds = sys_time<std::chrono::seconds>;
(C++20およびそれ以降)
using sys_days = sys_time<std::chrono::days>;
(C++20およびそれ以降)
sys_time のストリーム出力を行います
(関数テンプレート) [edit]
指定された書式に従って sys_time をストリームからパースします
(関数テンプレート) [edit]
指定された書式に従って sys_time をストリームに出力します
(関数テンプレート) [edit]

[編集] メンバ型

メンバ型 定義
rep 時計の時間の刻みの数を表す符号付き算術型
period 時計の刻みの間隔を秒で表す std::ratio
duration std::chrono::duration<rep, period>、負の時間を表すこともできます
time_point std::chrono::time_point<std::chrono::system_clock>

[編集] メンバ定数

constexpr bool is_steady
[static]
刻みの間隔が常に一定、つまり外部の何らかの時計が調整された場合でも now() の呼び出しが常に単調に増加する値を返す場合は true、そうでなければ false
(パブリック静的メンバ定数)

[編集] メンバ関数

[static]
時の現在点を表す std::chrono::time_point を返します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]
[static]
system_clock の time point を std::time_t に変換します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]
[static]
std::time_t を system_clock の time point に変換します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]

[編集] 関連項目

調整されることの決してない単調な時計
(クラス)
利用可能な最も短い刻み幅を持つ時計
(クラス)