名前空間
変種
操作

std::chrono::sys_info

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
std::chrono::sys_info
非メンバ関数
 
ヘッダ <chrono> で定義
struct sys_info;
(C++20以上)

クラス sys_info は、特定の時点 (std::chrono::sys_time または std::chrono::local_time のいずれかによって表現された) の、あるタイムゾーンに関連する、タイムゾーン情報を記述します。 これは、一般的にはユーザコードからは直接使用しない、低水準のデータ構造です。

[編集] メンバオブジェクト

メンバオブジェクト
begin, end std::chrono::sys_seconds
offset std::chrono::seconds
save std::chrono::minutes
abbrev std::string

begin および end データメンバは範囲を表します。 offset および abbrev は、この sys_info に関連付けられたタイムゾーンに対して、 [begin, end) の範囲内で、有効です。

offset および abbrev データメンバは、それぞれ、関連付けられたタイムゾーンおよび std::chrono::time_point に対して有効な、 UTC のオフセットとタイムゾーンの省略形を表します。 タイムゾーンの省略形は一意でないことに注意してください。

save データメンバは、ゼロでなければ、指定された時点において、タイムゾーンが夏時間実施中であることを表します。 この場合、 offset - save は、もし夏時間が実施されていなければこのタイムゾーンが使っていたであろうオフセットを示唆します。 しかし、この情報に権威はありません。 実際のオフセットを確実に知る唯一の方法は、夏時間が実際に実施されていない時点を使用してタイムゾーンを問い合わせることです (save == 0min であるような sys_info を返します)。

[編集] 非メンバ関数

sys_info をストリームに出力します
(関数テンプレート) [edit]