名前空間
変種
操作

std::chrono::steady_clock

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
steady_clock
(C++11)
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
std::chrono::steady_clock
メンバ関数
 
ヘッダ <chrono> で定義
class steady_clock;
(C++11およびそれ以降)

クラス std::chrono::steady_clock は単調な時計を表します。 物理的な時間が進んだときにこの時計の時刻が減少することはありません。 この時計は壁時計に紐付いておらず (例えば最後にリブートしてからの時間かもしれません)、時間の間隔の計測に最も適しています。

std::chrono::steady_clockTrivialClock の要件を満たします。

目次

[編集] メンバ型

メンバ型 定義
rep 時計の時間の刻みの数を表す符号付き算術型
period 時計の刻み間隔を秒で表す std::ratio
duration std::chrono::duration<rep, period>
time_point std::chrono::time_point<std::chrono::steady_clock>

[編集] メンバ定数

constexpr bool is_steady
[static]
安定時計フラグ、常に true
(パブリック静的メンバ定数)

[編集] メンバ関数

[static]
時計の現在値を表す time_point を返します
(パブリック静的メンバ関数)

[編集] 関連項目

システム全体のリアルタイムクロックをベースとする壁時計
(クラス)
利用可能な最も短い刻み幅を持つ時計
(クラス)