名前空間
変種
操作

std::literals::chrono_literals::operator""us

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
ヘッダ <chrono> で定義
constexpr std::chrono::microseconds operator "" us(unsigned long long us);
(1) (C++14以上)
constexpr std::chrono::duration</*unspecified*/,
                           std::micro> operator "" us(long double us);
(2) (C++14以上)

マイクロ秒を表す std::chrono::duration のリテラルを形成します。

1) 整数リテラル。 正確に std::chrono::microseconds(us) を返します。
2) 浮動小数点リテラル。 std::chrono::microseconds と同等な浮動小数点の duration を返します。

目次

[編集] 引数

us - マイクロ秒数

[編集] 戻り値

std::chrono::duration のリテラル。

[編集] 実装例

constexpr std::chrono::microseconds operator ""us(unsigned long long us)
{
    return std::chrono::microseconds(us);
}
constexpr std::chrono::duration<long double, std::micro> operator ""us(long double us)
{
    return std::chrono::duration<long double, std::micro>(us);
}

[編集] ノート

これらの演算子は名前空間 std::literals::chrono_literals で宣言されています。 literalschrono_literals は両方ともインライン名前空間です。 これらの演算子へのアクセスは using namespace std::literals, using namespace std::chrono_literals, using namespace std::literals::chrono_literals で得られます。

さらに、名前空間 std::chrono 内では標準ライブラリによって using namespace literals::chrono_literals; 指令が提供されており、プログラマは using namespace std::chrono; を使って chrono ライブラリのクラスへのアクセスを得ると、対応するリテラル演算子も同様に可視になります。

[編集]

#include <iostream>
#include <chrono>
 
int main()
{
    using namespace std::chrono_literals;
    auto d1 = 250us;
    std::chrono::microseconds d2 = 1ms;
    std::cout << "250us = " << d1.count() << " microseconds\n"
              << "1ms = " << d2.count() << " microseconds\n";
}

出力:

250us = 250 microseconds
1ms = 1000 microseconds

[編集] 関連項目

新しい時間を構築します
(std::chrono::durationのパブリックメンバ関数) [edit]