名前空間
変種
操作

std::chrono::locate_zone

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
locate_zone
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
ヘッダ <chrono> で定義
const std::chrono::time_zone* locate_zone(std::string_view tz_name);
(C++20以上)

タイムゾーンデータベースからタイムゾーンを探すための便利関数です。 std::chrono::get_tzdb().locate_zone(tz_name) と同等です。

[編集] 例外

指定されたタイムゾーンが見つけられない場合、または、これがタイムゾーンデータベースへの初回のアクセスであり、タイムゾーンデータベースが初期化できない場合、 std::runtime_error

[編集] ノート

この関数の呼び出しがタイムゾーンデータベースへの初回のアクセスの場合、タイムゾーンデータベースの初期化を発生させます。

[編集] 関連項目

指定された名前のタイムゾーンを探します
(std::chrono::tzdbのパブリックメンバ関数) [edit]
グローバルタイムゾーンデータベース情報をアクセスおよび制御します
(関数) [edit]