名前空間
変種
操作

std::chrono::local_t

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
local_t
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
std::chrono::local_t
time_point の入出力
 
ヘッダ <chrono> で定義
struct local_t {};
(C++20およびそれ以降)

クラス local_t は具体的なタイムゾーンが (まだ) 指定されていないローカルタイムの時点を表すために std::chrono::time_point の最初のテンプレート引数として使用される擬似時計です。 local_time はストリーム入出力および time_point の算術のフルセットをサポートしています。

[編集] time_point ファミリー

名前空間 std::chrono で定義
template<class Duration>
using local_time = std::chrono::time_point<std::chrono::local_t, Duration>;
(C++20およびそれ以降)
using local_seconds = local_time<std::chrono::seconds>;
(C++20およびそれ以降)
local_time のストリーム出力を行います
(関数テンプレート) [edit]
指定された書式に従って local_time をストリームからパースします
(関数テンプレート) [edit]
指定された書式に従って local_time をストリームに出力します
(関数テンプレート) [edit]