名前空間
変種
操作

std::chrono::local_info

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
std::chrono::local_info
非メンバ関数
 
ヘッダ <chrono> で定義
struct local_info;
(C++20およびそれ以降)

クラス local_info は、 std::chrono::local_time から std::chrono::sys_time への変換の結果を記述します。

  • 変換の結果が一意な場合、 result == local_info::unique となり、 first は正しい std::chrono::sys_info で埋められ、 second はゼロ初期化されます。
  • local_time が存在しない場合、 result == local_info::nonexistent となり、 first はその local_time の直前で終わる std::chrono::sys_info で埋められ、 second はその local_time の直後で始まる std::chrono::sys_info で埋められます。
  • local_time が曖昧な場合、 result == local_info::ambiguous となり、 first はその local_time の直後で終わる std::chrono::sys_info で埋められ、 second はその local_time の直前で始まる std::chrono::sys_info で埋められます。

これは低水準なデータ構造です。 一般的な local_time から sys_time への変換は、これを明示的にではなく暗黙に使用します。

[編集] メンバ定数

名前
constexpr int unique
[static]
0
(パブリック静的メンバ定数)
constexpr int nonexistent
[static]
1
(パブリック静的メンバ定数)
constexpr int ambiguous
[static]
2
(パブリック静的メンバ定数)

[編集] メンバオブジェクト

メンバオブジェクト
result int
first, second std::chrono::sys_info

[編集] 非メンバ関数

local_info をストリームに出力します
(関数テンプレート) [edit]