名前空間
変種
操作

std::chrono::operator<< (std::chrono::file_time)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | file clock
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
std::chrono::file_clock
メンバ関数

(to_utc および from_utc が提供されない場合のみ提供されます)

(to_sys および from_sys が提供されない場合のみ提供されます)
time_point の入出力
operator<<
 
template <class CharT, class Traits, class Duration>

std::basic_ostream<CharT, Traits>&
operator<<(std::basic_ostream<CharT, Traits>& os,

           const std::chrono::file_time<Duration>& tp);
(C++20以上)

std::chrono::to_stream(os, fmt, tp) によって行われたかのように、 tp をストリーム os に出力します。 ただし fmtCharT に拡大された "%F %T" を含む文字列です。

[編集] 戻り値

os

[編集] 関連項目

指定された書式に従って file_time をストリームに出力します
(関数テンプレート) [edit]