名前空間
変種
操作

std::chrono::duration_values

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
std::chrono::duration_values
 
ヘッダ <chrono> で定義
template <class Rep>
struct duration_values;
(C++11およびそれ以降)

std::chrono::duration_values 型は3つの一般的な duration を定義します。

  • std::chrono::duration_values::zero
  • std::chrono::duration_values::min
  • std::chrono::duration_values::max

std::chrono::duration のメンバ関数 zeromin および max はその仕事をこれらの関数に転送します。

duration を表現する Rep がこれらの duration オブジェクトを返すために特定の実装が必要な場合、この型を特殊化することができます。

[編集] メンバ関数

[static]
ゼロの長さの表現を返します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]
[static]
可能な最小の表現を返します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]
[static]
可能な最大の表現を返します
(パブリック静的メンバ関数) [edit]