名前空間
変種
操作

std::chrono::abs(std::chrono::duration)

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | duration
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
ヘッダ <chrono> で定義
template <class Rep, class Period>
constexpr duration<Rep, Period> abs(duration<Rep, Period> d)
(C++17以上)

d の絶対値を返します。 具体的には、 d >= d.zero() であれば d を返し、そうでなければ -d を返します。

この関数は、 std::numeric_limits<Rep>::is_signedtrue でなければ、オーバーロード解決に参加しません。

目次

[編集] 引数

d - duration

[編集] 戻り値

d の絶対値。

[編集] 実装例

template <class Rep, class Period, class = std::enable_if_t<
   std::chrono::duration<Rep, Period>::min() < std::chrono::duration<Rep, Period>::zero()>>
constexpr std::chrono::duration<Rep, Period> abs(duration<Rep, Period> d)
{
    return d >= d.zero() ? d : -d;
}

[編集]

[編集] 関連項目

単項 + および単項 - を実装します
(パブリックメンバ関数) [edit]
整数値の絶対値 (|x|) を計算します
(関数) [edit]