名前空間
変種
操作

std::chrono::choose

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
ヘッダ <chrono> で定義
enum class choose {

    earliest,
    latest

};
(C++20以上)

スコープ付き列挙型 choose は曖昧なローカルタイムや存在しないローカルタイムをどのように解決すべきかを制御するために std::chrono::time_zone および std::chrono::zoned_time の特定のメンバ関数に渡すことができます。 choose::earliest を渡すと早い方の時点を返し、 choose::latest を渡すと遅い方の時点を返します (存在しないローカルタイムに対しては、これらの2つの時点は同一です)。

choose が渡されず、曖昧なローカルタイムや存在しないローカルタイムに遭遇した場合は、例外 std::chrono::ambiguous_local_time または std::chrono::nonexistent_local_time (適切な方) が投げられます。