名前空間
変種
操作

std::tm

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | c
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
ヘッダ <ctime> で定義
struct tm;

各部に分解されたカレンダー日時を保持する構造体。

[編集] メンバオブジェクト

int tm_sec
秒 — [0, 61] (C++11未満)[0, 60] (C++11以上)[注釈 1]
(パブリックメンバオブジェクト)
int tm_min
分 — [0, 59]
(パブリックメンバオブジェクト)
int tm_hour
時 — [0, 23]
(パブリックメンバオブジェクト)
int tm_mday
日 — [1, 31]
(パブリックメンバオブジェクト)
int tm_mon
1月から数えた月 — [0, 11]
(パブリックメンバオブジェクト)
int tm_year
1900年から数えた年
(パブリックメンバオブジェクト)
int tm_wday
日曜日から数えた曜日 — [0, 6]
(パブリックメンバオブジェクト)
int tm_yday
1月1日から数えた通日 — [0, 365]
(パブリックメンバオブジェクト)
int tm_isdst
夏時間フラグ。 夏時間が実施されていれば正の値、実施されていなければゼロ、情報が利用できなければ負の値
(パブリックメンバオブジェクト)
[編集] 注釈
  1. 範囲は正の閏秒を許可します。 同じ分内に2回の閏秒は許可されません (範囲 0..61 は C89 で導入された欠陥であり、 C99 で訂正されました)。

[編集] 関連項目

エポックからの経過時間を現地時間で表されるカレンダー時刻に変換します
(関数) [edit]
エポックからの経過時間を協定世界時で表されるカレンダー時刻に変換します
(関数) [edit]