名前空間
変種
操作

std::time_t

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | c
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
ヘッダ <ctime> で定義
typedef /* unspecified */ time_t;

時刻を表現可能な算術型。

定義されてはいませんが、ほとんど必ず、 POSIX 時間と一致する、協定世界時1970年1月1日0時0分からの秒数 (閏秒を含まない) を保持する整数値です。

[編集] 関連項目

現在のシステム時刻をエポックからの経過時間として返します
(関数) [edit]
エポックからの経過時間を現地時間で表されるカレンダー時刻に変換します
(関数) [edit]
エポックからの経過時間を協定世界時で表されるカレンダー時刻に変換します
(関数) [edit]