名前空間
変種
操作

std::time

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | c
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
ヘッダ <ctime> で定義
std::time_t time( std::time_t* arg );

std::time_t オブジェクトとしてエンコードされた現在のカレンダー時刻を返し、 arg がヌルポインタでなければ、それを arg の指すオブジェクトにも格納します。

目次

[編集] 引数

arg - 時刻を格納する std::time_t オブジェクトを指すポインタ、またはヌルポインタ

[編集] 戻り値

成功した場合は std::time_t オブジェクトとしてエンコードされた現在のカレンダー時刻、エラーが発生した場合は (std::time_t)(-1)arg がヌルでなければ、戻り値は arg の指すオブジェクトにも格納されます。

[編集] ノート

std::time_t 内のカレンダー時刻のエンコーディングは未規定ですが、ほとんどのシステムでは POSIX の仕様に従い、エポックからの秒数を保持する整数型の値を返します。 std::time_t が32ビット符号付き整数の処理系 (多くの歴史的な処理系) は2038年問題があります。

[編集]

#include <ctime>
#include <iostream>
 
int main()
{
    std::time_t result = std::time(nullptr);
    std::cout << std::asctime(std::localtime(&result))
              << result << " seconds since the Epoch\n";
}

出力:

Wed Sep 21 10:27:52 2011
1316615272 seconds since the Epoch

[編集] 関連項目

エポックからの経過時間を現地時間で表されるカレンダー時刻に変換します
(関数) [edit]
エポックからの経過時間を協定世界時で表されるカレンダー時刻に変換します
(関数) [edit]
システム全体のリアルタイムクロックをベースとする壁時計
(クラス) [edit]