名前空間
変種
操作

std::difftime

提供: cppreference.com
< cpp‎ | chrono‎ | c
 
 
 
日付と時間のユーティリティ
(C++11)
(C++11)
時計
(C++20)
                                                  
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
カレンダー
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
タイムゾーン
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
(C++20)
C スタイルの日付と時間
 
 
ヘッダ <ctime> で定義
double difftime( std::time_t time_end, std::time_t time_beg );

std::time_t オブジェクトとしての2つのカレンダー時刻間の差の秒数を計算します。 time_endtime_beg より前の時点を参照する場合、結果は負になります。

目次

[編集] 引数

time_beg, time_end - 比較する時刻

[編集] 戻り値

2つの時刻間の差の秒数。

[編集] ノート

POSIX システムでは std::time_t は秒で測られ difftime は算術減算と同等ですが、 C および C++ は time_t に対して小数点以下の単位も許しています。

[編集]

#include <iostream>
#include <ctime>
 
int main()
{
    std::time_t start = std::time(nullptr);
    volatile double d;
 
    // some time-consuming operation
    for (int n=0; n<10000; ++n) {
        for (int m=0; m<100000; ++m) {
           d += d*n*m;
        }
    }
 
    std::cout << "Wall time passed: "
              << std::difftime(std::time(nullptr), start) << " s.\n";
}

出力:

Wall time passed: 7 s.

[編集] 関連項目

(C++11)
時の間隔
(クラステンプレート) [edit]