名前空間
変種
操作

std::atomic_flag_clear, std::atomic_flag_clear_explicit

提供: cppreference.com
< cpp‎ | atomic
 
 
 
ヘッダ <atomic> で定義
(1) (C++11およびそれ以降)
void atomic_flag_clear( volatile std::atomic_flag* p ) noexcept;
void atomic_flag_clear( std::atomic_flag* p ) noexcept;
(2) (C++11およびそれ以降)
void atomic_flag_clear_explicit( volatile std::atomic_flag* p,
                                 std::memory_order order ) noexcept;
void atomic_flag_clear_explicit( std::atomic_flag* p,
                                 std::memory_order order ) noexcept;

p の指す std::atomic_flag の状態をクリア (false) にアトミックに変更します。

目次

[編集] 引数

p - アクセスする std::atomic_flag を指すポインタ
order - この操作に対するメモリ同期順序付け。 std::memory_order_relaxed, std::memory_order_release, std::memory_order_seq_cst のみ指定できます。

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 実装例

1つめのバージョン
void atomic_flag_clear(volatile std::atomic_flag* p) 
{
    p->clear();
}
2つめのバージョン
void atomic_flag_clear(std::atomic_flag* p) 
{
    p->clear();
}
3つめのバージョン
void atomic_flag_clear_explicit(volatile std::atomic_flag* p, 
                                std::memory_order order) 
{
    p->clear(order);
}
4つめのバージョン
void atomic_flag_clear_explicit(std::atomic_flag* p, 
                                std::memory_order order) 
{
    p->clear(order);
}

[編集] 関連項目

ロックフリーなアトミックブーリアン型
(クラス) [edit]
アトミックにフラグを true に設定し、その以前の値を返します
(関数) [edit]
指定されたアトミック操作のメモリ順序制約を定義します
(列挙) [edit]
atomic_flag_clear, atomic_flag_clear_explicitC言語リファレンス