名前空間
変種
操作

std::atomic_flag

提供: cppreference.com
< cpp‎ | atomic
 
 
 
 
ヘッダ <atomic> で定義
class atomic_flag;
(C++11およびそれ以降)

std::atomic_flag はアトミックなブーリアン型です。 std::atomic のどのような特殊化とも異なり、ロックフリーであることが保証されます。 std::atomic<bool> と異なり、 std::atomic_flag は load および store 操作を提供しません。

[編集] メンバ関数

atomic_flag を構築します
(パブリックメンバ関数)
代入演算子
(パブリックメンバ関数)
アトミックにフラグをfalseに設定します
(パブリックメンバ関数) [edit]
アトミックにフラグをtrueに設定し、以前の値を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]

[編集]

atomic_flag を使用してユーザ空間でスピンロックを実装できます

#include <thread>
#include <vector>
#include <iostream>
#include <atomic>
 
std::atomic_flag lock = ATOMIC_FLAG_INIT;
 
void f(int n)
{
    for (int cnt = 0; cnt < 100; ++cnt) {
        while (lock.test_and_set(std::memory_order_acquire))  // acquire lock
             ; // spin
        std::cout << "Output from thread " << n << '\n';
        lock.clear(std::memory_order_release);               // release lock
    }
}
 
int main()
{
    std::vector<std::thread> v;
    for (int n = 0; n < 10; ++n) {
        v.emplace_back(f, n);
    }
    for (auto& t : v) {
        t.join();
    }
}

出力:

Output from thread 2
Output from thread 6
Output from thread 7
...<exactly 1000 lines>...

[編集] 関連項目

アトミックにフラグを true に設定し、その以前の値を返します
(関数) [edit]
アトミックにフラグの値を false に設定します
(関数) [edit]
std::atomic_flagfalse に初期化します
(マクロ定数) [edit]