名前空間
変種
操作

std::atomic_fetch_xor, std::atomic_fetch_xor_explicit

提供: cppreference.com
< cpp‎ | atomic
 
 
 
ヘッダ <atomic> で定義
(1) (C++11およびそれ以降)
template< class T >

T atomic_fetch_xor( std::atomic<T>* obj,

                    typename std::atomic<T>::value_type arg ) noexcept;
template< class T >

T atomic_fetch_xor( volatile std::atomic<T>* obj,

                    typename std::atomic<T>::value_type arg ) noexcept;
(2) (C++11およびそれ以降)
template< class T >

T atomic_fetch_xor_explicit( std::atomic<T>* obj,
                             typename std::atomic<T>::value_type arg,

                             std::memory_order order) noexcept;
template< class T >

T atomic_fetch_xor_explicit( volatile std::atomic<T>* obj,
                             typename std::atomic<T>::value_type arg,

                             std::memory_order order) noexcept;

obj の古い値と arg の間でビット単位の排他的論理和を取った結果で obj の指す値をアトミックに置き換えます。 obj がそれまで保持していた値を返します。

この操作は以下のコードを実行したかのように行われます。

1) obj->fetch_xor(arg)
2) obj->fetch_xor(arg, order)

std::atomic<T>fetch_xor メンバがない場合 (このメンバは整数型に対してのみ提供されます)、プログラムは ill-formed です。

目次

[編集] 引数

obj - 変更するアトミックオブジェクトを指すポインタ
arg - アトミックオブジェクトに格納されている値とビット単位の排他的論理和を取る値
order - この操作に対するメモリ同期順序付け。 すべての値を指定できます。

[編集] 戻り値

*obj変更順序における、この関数の効果の直前の値。

[編集] 実装例

template< class T >
T atomic_fetch_xor( std::atomic<T>* obj, typename std::atomic<T>::value_type arg )
{
    return obj->fetch_xor(arg);
}

[編集]

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
P0558R1 C++11 exact type match required because T is deduced from multiple arguments T is deduced from the atomic argument only

[編集] 関連項目

アトミックオブジェクトの値と引数の値の排他的論理和をアトミックに行い、以前保持されていた値を取得します
(std::atomicのパブリックメンバ関数) [edit]
アトミックオブジェクトの値を非アトミック引数とビット単位の論理和を取った結果で置き換え、アトミックの以前の値を取得します
(関数テンプレート) [edit]
アトミックオブジェクトの値を非アトミック引数とビット単位の論理積を取った結果で置き換え、アトミックの以前の値を取得します
(関数テンプレート) [edit]
atomic_fetch_xor, atomic_fetch_xor_explicitC言語リファレンス