名前空間
変種
操作

std::atomic_exchange, std::atomic_exchange_explicit

提供: cppreference.com
< cpp‎ | atomic
 
 
 
ヘッダ <atomic> で定義
(1) (C++11およびそれ以降)
template< class T >

T atomic_exchange( std::atomic<T>* obj,

                   typename std::atomic<T>::value_type desr ) noexcept;
template< class T >

T atomic_exchange( volatile std::atomic<T>* obj,

                   typename std::atomic<T>::value_type desr ) noexcept;
(2) (C++11およびそれ以降)
template< class T >

T atomic_exchange_explicit( std::atomic<T>* obj,
                            typename std::atomic<T>::value_type desr,

                            std::memory_order order ) noexcept;
template< class T >

T atomic_exchange_explicit( volatile std::atomic<T>* obj,
                            typename std::atomic<T>::value_type desr,

                            std::memory_order order ) noexcept;
1) obj->exchange(desr) によって行われたかのように、 obj の指す値を desr の値でアトミックに置き換え、 obj がそれまで保持していた値を返します。
2) obj->exchange(desr, order) によって行われたかのように、 obj の指す値を desr の値でアトミックに置き換え、 obj がそれまで保持していた値を返します。

目次

[編集] 引数

obj - 変更するアトミックオブジェクトを指すポインタ
desr - アトミックオブジェクトに格納する値
order - この操作に対するメモリ同期順序付け。 すべての値が指定できます。

[編集] 戻り値

obj の指すアトミックオブジェクトがそれまで保持していた値。

[編集]

std::atomic_flag_test_and_set と同様に、アトミックな交換操作を使用してユーザ空間でスピンロックを実装できます。

#include <thread>
#include <vector>
#include <iostream>
#include <atomic>
 
std::atomic<bool> lock(false); // holds true when locked
                               // holds false when unlocked
 
void f(int n)
{
    for (int cnt = 0; cnt < 100; ++cnt) {
        while(std::atomic_exchange_explicit(&lock, true, std::memory_order_acquire))
             ; // spin until acquired
        std::cout << "Output from thread " << n << '\n';
        std::atomic_store_explicit(&lock, false, std::memory_order_release);
    }
}
int main()
{
    std::vector<std::thread> v;
    for (int n = 0; n < 10; ++n) {
        v.emplace_back(f, n);
    }
    for (auto& t : v) {
        t.join();
    }
}

出力:

Output from thread 2
Output from thread 6
Output from thread 7
...<exactly 1000 lines>...

[編集] 欠陥報告

以下の動作変更欠陥報告は以前に発行された C++ 標準に遡って適用されました。

DR 適用先 発行時の動作 正しい動作
P0558R1 C++11 exact type match required because T is deduced from multiple arguments T is deduced from the atomic argument only

[編集] 関連項目

アトミックオブジェクトの値をアトミックに置き換え、以前保持されていた値を取得します
(std::atomicのパブリックメンバ関数) [edit]
アトミックに、アトミックオブジェクトの値を非アトミック引数と比較し、等しければ交換を行い、等しくなければ読み込みます
(関数テンプレート) [edit]
std::shared_ptr に対するアトミック操作の特殊化
(関数テンプレート)
atomic_exchange, atomic_exchange_explicitC言語リファレンス