名前空間
変種
操作

std::transform_exclusive_scan

提供: cppreference.com
< cpp‎ | algorithm
 
 
アルゴリズムライブラリ
実行ポリシー (C++17)
非変更シーケンス操作
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++17)
変更シーケンス操作
未初期化記憶域の操作
分割操作
ソート操作
(C++11)
二分探索操作
集合操作 (ソート済み範囲用)
ヒープ操作
(C++11)
最小/最大演算
(C++11)
(C++17)
順列
数値演算

transform_exclusive_scan
(C++17)
C のライブラリ
 
ヘッダ <numeric> で定義
template< class InputIt, class OutputIt, class T,

          class BinaryOperation, class UnaryOperation>
OutputIt transform_exclusive_scan( InputIt first, InputIt last, OutputIt d_first, T init,

                                   BinaryOperation binary_op, UnaryOperation unary_op);
(1) (C++17およびそれ以降)
template< class ExecutionPolicy,

          class ForwardIt1, class ForwardIt2,
          class T, class BinaryOperation, class UnaryOperation >
ForwardIt2 transform_exclusive_scan( ExecutionPolicy&& policy,
                                     ForwardIt1 first, ForwardIt1 last,
                                     ForwardIt2 d_first, T init,

                                     BinaryOperation binary_op, UnaryOperation unary_op );
(2) (C++17およびそれ以降)

範囲 [first, last) 内の各要素を unary_op で変換し、その後、その結果の範囲に対して init を初期値として用いた binary_op による exclusive prefix sum を計算し、その結果を d_first から始まる範囲に書き込みます。 「exclusive」は、 i 番目の入力要素が i 番目の合計に含まれないという意味です。

形式的には、 [first, first + (i - d_first)) 内のすべての j について、 binary_op による init, unary_op(*j)... の一般化された非可換な和の値を [d_first, d_first + (last - first)) 内のイテレータ i それぞれを通して代入します。

ただし、一般化された非可換な和 GNSUM(op, a
1
, ..., a
N
)
は以下のように定義されます。

  • N=1 であれば、 a
    1
    です。
  • N > 1 であれば、 1 < K+1 = M ≤ N である任意の K について op(GNSUM(op, a
    1
    , ..., a
    K
    ), GNSUM(op, a
    M
    , ..., a
    N
    ))
    です。

別の言い方をすると、加算演算は任意の順序で行われる可能性があり、 binary_op が結合法則を満たさない場合、動作は非決定的になります。

オーバーロード (2)policy に従って実行されます。 また、 std::is_execution_policy_v<std::decay_t<ExecutionPolicy>> が true でなければ、オーバーロード解決に参加しません。

unary_op および binary_op は、範囲 [first, last) または [d_first, d_first + (last - first)) 内の要素を変更してはならず、イテレータ (終端イテレータも含む) または部分範囲を無効化してはなりません。 そうでなければ、動作は未定義です。

目次

[編集] 引数

first, last - 加算する要素の範囲
d_first - 結果を格納する範囲の先頭。 first と等しくても構いません
policy - 使用する実行ポリシー。 詳細は実行ポリシーを参照してください
init - 初期値
unary_op - 入力範囲の各要素に適用される単項 FunctionObject。 戻り値の型は binary_op への入力として受け付けられなければなりません。
binary_op - unary_op の結果、他の binary_op の結果および init に適用される二項 FunctionObject
型の要件
-
InputItInputIterator の要件を満たさなければなりません。
-
OutputItOutputIterator の要件を満たさなければなりません。
-
ForwardIt1, ForwardIt2ForwardIterator の要件を満たさなければなりません。
-
TMoveConstructible の要件を満たさなければなりません。 binary_op(init, unary_op(*first))binary_op(init, init) および binary_op(unary_op(*first), unary_op(*first)) はすべて T に変換可能でなければなりません。

[編集] 戻り値

書き込まれた最後の要素の次の要素を指すイテレータ。

[編集] 計算量

それぞれ O(last - first) 回の binary_op および unary_op の適用。

[編集] 例外

テンプレート引数 ExecutionPolicy を持つオーバーロードは以下のようにエラーを報告します。

  • アルゴリズムの一部として呼び出された関数の実行が例外を投げ、 ExecutionPolicy が3つの標準のポリシーのいずれかの場合は、 std::terminate が呼ばれます。 それ以外のあらゆる ExecutionPolicy については、動作は処理系定義です。
  • アルゴリズムがメモリの確保に失敗した場合は、 std::bad_alloc が投げられます。

[編集] ノート

unary_opinit には適用されません。

[編集]

[編集] 関連項目

指定範囲の要素の部分和を計算します
(関数テンプレート) [edit]
std::inclusive_scan と同様ですが、 i 番目の合計に i 番目の要素が含まれません
(関数テンプレート) [edit]
関数オブジェクトを適用した結果に対して inclusive scan を計算します
(関数テンプレート) [edit]