名前空間
変種
操作

std::partition_point

提供: cppreference.com
< cpp‎ | algorithm
 
 
アルゴリズムライブラリ
制約付きアルゴリズムと範囲に対するアルゴリズム (C++20)
コンセプトとユーティリティ (std::Sortable, std::projected, ... )
制約付きアルゴリズム (std::ranges::copy, std::ranges::sort, ... )
実行ポリシー (C++17)
非変更シーケンス操作
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++17)
変更シーケンス操作
未初期化記憶域の操作
分割操作
partition_point
(C++11)
ソート操作
(C++11)
二分探索操作
集合操作 (ソート済み範囲用)
ヒープ操作
(C++11)
最小/最大演算
(C++11)
(C++17)

順列
数値演算
C のライブラリ
 
ヘッダ <algorithm> で定義
(1)
template< class ForwardIt, class UnaryPredicate >
ForwardIt partition_point( ForwardIt first, ForwardIt last, UnaryPredicate p );
(C++11以上)
(C++20未満)
template< class ForwardIt, class UnaryPredicate >
constexpr ForwardIt partition_point( ForwardIt first, ForwardIt last, UnaryPredicate p );
(C++20以上)

(std::partition によって行われたかのように) 分割されている範囲 [first, last) を調べ、その1つめの区画の終端、つまり、 p を満たさない最初の要素、またはすべての要素が p を満たす場合は last、 を探します。

目次

[編集] 引数

first, last - 調べる分割された要素の範囲
p - 範囲の先頭に見つかる要素に対して ​true を返す単項述語。

p(v)VT 型 (およびその const 修飾された型) のすべての引数 v について、その値カテゴリにかかわらず、 bool に変換可能でなければなりません。 ただし VTForwardIt の値型です。 また、 v を変更してはなりません。 そのため、引数の型 VT& は許されません。 また、 VT に対してムーブがコピーと同等でなければ VT も許されません。 (C++11以上) ​​

型の要件
-
ForwardItLegacyForwardIterator の要件を満たさなければなりません。
-
UnaryPredicatePredicate の要件を満たさなければなりません。

[編集] 戻り値

[first, last) 内の1つめの区画の終端を指すイテレータ、またはすべての要素が p を満たす場合は last

[編集] 計算量

N = std::distance(first, last) とすると、述語 pO(log N) 回適用します。

ただし、 LegacyRandomAccessIterator でない場合は、イテレータのインクリメント回数は O(N) になります。

[編集] ノート

このアルゴリズムは std::lower_bound のより一般的な形式です。 std::lower_bound は述語 [&](auto const& e) { return e < value; }); を用いた std::partition_point で表すことができます。

[編集]

#include <algorithm>
#include <array>
#include <iostream>
#include <iterator>
 
int main()
{
    std::array<int, 9> v = { 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 };
 
    auto is_even = [](int i){ return i % 2 == 0; };
    std::partition(v.begin(), v.end(), is_even);
 
    auto p = std::partition_point(v.begin(), v.end(), is_even);
 
    std::cout << "Before partition:\n    ";
    std::copy(v.begin(), p, std::ostream_iterator<int>(std::cout, " "));
    std::cout << "\nAfter partition:\n    ";
    std::copy(p, v.end(), std::ostream_iterator<int>(std::cout, " "));
}

出力:

Before partition:
    8 2 6 4 
After partition:
    5 3 7 1 9

[編集] 関連項目

(C++11)
指定範囲が昇順にソートされているか調べます
(関数テンプレート) [edit]
指定された値より小さくない最初の要素を指すイテレータを返します
(関数テンプレート) [edit]