名前空間
変種
操作

std::is_execution_policy

提供: cppreference.com
< cpp‎ | algorithm
 
 
アルゴリズムライブラリ
実行ポリシー (C++17)
is_execution_policy
非変更シーケンス操作
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++17)
変更シーケンス操作
未初期化記憶域の操作
分割操作
ソート操作
(C++11)
二分探索操作
集合操作 (ソート済み範囲用)
ヒープ操作
(C++11)
最小/最大演算
(C++11)
(C++17)
順列
数値演算
C のライブラリ
 
ヘッダ <execution> で定義
template< class T >
struct is_execution_policy;
(C++17およびそれ以降)

T が標準または処理系定義の実行ポリシー型かどうか調べます。

Tstd::execution::sequenced_policystd::execution::parallel_policystd::execution::parallel_unsequenced_policy、または処理系定義の実行ポリシー型であれば、 true に等しいメンバ定数 value が提供されます。 そうでなければ、 valuefalse と等しくなります。

std::is_execution_policy に対して特殊化を追加するプログラムの動作は未定義です。

目次

[編集] テンプレート引数

T - 調べる型

[編集] ヘルパーテンプレート

ヘッダ <execution> で定義
template< class T >
inline constexpr bool is_execution_policy_v = std::is_execution_policy<T>::value;
(C++17およびそれ以降)

std::integral_constant から継承

メンバ定数

value
[static]
T が標準または処理系定義の実行ポリシー型ならば true、そうでなければ false
(パブリック静的メンバ定数)

メンバ関数

operator bool
オブジェクトを bool に変換します。 value を返します
(パブリックメンバ関数)
operator()
(C++14)
value を返します
(パブリックメンバ関数)

メンバ型

定義
value_type bool
type std::integral_constant<bool, value>

[編集] 関連項目

実行ポリシーの型
(クラス) [edit]
(C++17)(C++17)(C++17)
グローバルな実行ポリシーオブジェクト
(定数) [edit]