名前空間
変種
操作

std::equal

提供: cppreference.com
< cpp‎ | algorithm
 
 
アルゴリズムライブラリ
実行ポリシー (C++17)
非変更シーケンス操作
(C++11)(C++11)(C++11)
(C++17)
変更シーケンス操作
未初期化記憶域の操作
分割操作
ソート操作
(C++11)
二分探索操作
集合操作 (ソート済み範囲用)
ヒープ操作
(C++11)
最小/最大演算
(C++11)
(C++17)
順列
数値演算
C のライブラリ
 
ヘッダ <algorithm> で定義
(1)
template< class InputIt1, class InputIt2 >

bool equal( InputIt1 first1, InputIt1 last1,

            InputIt2 first2 );
(C++20以前)
template< class InputIt1, class InputIt2 >

constexpr bool equal( InputIt1 first1, InputIt1 last1,

                      InputIt2 first2 );
(C++20およびそれ以降)
template< class ExecutionPolicy, class ForwardIt1, class ForwardIt2 >

bool equal( ExecutionPolicy&& policy, ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,

            ForwardIt2 first2 );
(2) (C++17およびそれ以降)
(3)
template< class InputIt1, class InputIt2, class BinaryPredicate >

bool equal( InputIt1 first1, InputIt1 last1,

            InputIt2 first2, BinaryPredicate p );
(C++20以前)
template< class InputIt1, class InputIt2, class BinaryPredicate >

constexpr bool equal( InputIt1 first1, InputIt1 last1,

                      InputIt2 first2, BinaryPredicate p );
(C++20およびそれ以降)
template< class ExecutionPolicy, class ForwardIt1, class ForwardIt2, class BinaryPredicate >

bool equal( ExecutionPolicy&& policy, ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,

            ForwardIt2 first2, BinaryPredicate p );
(4) (C++17およびそれ以降)
(5)
template< class InputIt1, class InputIt2 >

bool equal( InputIt1 first1, InputIt1 last1,

            InputIt2 first2, InputIt2 last2 );
(C++14およびそれ以降)
(C++20以前)
template< class InputIt1, class InputIt2 >

constexpr bool equal( InputIt1 first1, InputIt1 last1,

                      InputIt2 first2, InputIt2 last2 );
(C++20およびそれ以降)
template< class ExecutionPolicy, class ForwardIt1, class ForwardIt2 >

bool equal( ExecutionPolicy&& policy, ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,

            ForwardIt2 first2, ForwardIt2 last2 );
(6) (C++17およびそれ以降)
(7)
template< class InputIt1, class InputIt2, class BinaryPredicate >

bool equal( InputIt1 first1, InputIt1 last1,
            InputIt2 first2, InputIt2 last2,

            BinaryPredicate p );
(C++14およびそれ以降)
(C++20以前)
template< class InputIt1, class InputIt2, class BinaryPredicate >

constexpr bool equal( InputIt1 first1, InputIt1 last1,
                      InputIt2 first2, InputIt2 last2,

                      BinaryPredicate p );
(C++20およびそれ以降)
template< class ExecutionPolicy, class ForwardIt1, class ForwardIt2, class BinaryPredicate >

bool equal( ExecutionPolicy&& policy, ForwardIt1 first1, ForwardIt1 last1,
            ForwardIt2 first2, ForwardIt2 last2,

            BinaryPredicate p );
(8) (C++17およびそれ以降)
1,3) 範囲 [first1, last1) が範囲 [first2, first2 + (last1 - first1)) と等しければ true、そうでなければ false を返します。
5,7) 範囲 [first1, last1) が範囲 [first2, last2) と等しければ true、そうでなければ false を返します。
2,4,6,8) (1,3,5,7) と同じですが、 policy に従って実行されます。 このオーバーロードは、 std::is_execution_policy_v<std::decay_t<ExecutionPolicy>> が true である場合にのみ、オーバーロード解決に参加します。

2つの範囲が同じ個数の要素を持ち、範囲 [first1,last1) 内のすべてのイテレータ i について *i*(first2 + (i - first1)) と等しければ、2つの範囲は等しいとみなされます。 オーバーロード (1,2,5,6) は2つの要素が等しいかどうかを判定するために operator== を使用し、オーバーロード (3,4,7,8) は指定された二項述語を使用します。

目次

[編集] 引数

first1, last1 - 1つめの比較する要素の範囲
first2, last2 - 2つめの比較する要素の範囲
policy - 使用する実行ポリシー。 詳細は実行ポリシーを参照してください
p - 要素が等しいと扱われるべき場合に ​true を返す二項述語。

述語関数のシグネチャは以下と同等なものであるべきです。

 bool pred(const Type1 &a, const Type2 &b);

シグネチャが const & を持つ必要はありませんが、関数は渡されたオブジェクトを変更してはなりません。
Type1 および Type2 は、 InputIt1 および InputIt2 型のオブジェクトの逆参照からType1 および Type2 にそれぞれ暗黙に変換可能なものでなければなりません。 ​

型の要件
-
InputIt1, InputIt2InputIterator の要件を満たさなければなりません。
-
ForwardIt1, ForwardIt2ForwardIterator の要件を満たさなければなりません。

[編集] 戻り値

5-8) 範囲 [first1, last1) の長さが範囲 [first2, last2) の長さと等しくなければ false を返します。

2つの範囲の要素が等しければ true を返します。

そうでなければ false を返します。

[編集] ノート

std::equal は、 std::unordered_setstd::unordered_multisetstd::unordered_map または std::unordered_multimap のイテレータによって形成された範囲を比較するためには、使用するべきではありません。 これらのコンテナは、2つのコンテナが同じ要素を格納していても、その要素が格納されている順序は異なる可能性があるためです。

コンテナ全体の等しさを比較するときは、通常、対応するコンテナの operator== が推奨されます。

[編集] 計算量

1,3) 多くとも last1 - first1 回の述語の適用。
5,7) 多くとも min(last1 - first1, last2 - first2) 回の述語の適用。
InputIt1InputIt2RandomAccessIterator の要件を満たし、 last1 - first1 != last2 - first2 である場合、述語の適用は行われません (いかなる要素も見ずにサイズの不一致が検出されます)。
2,4,6,8) (1,3,5,7) と同じですが、計算量は「多くとも〜」ではなく、 O(〜) として規定されます。

[編集]

テンプレート引数 ExecutionPolicy を持つオーバーロードは以下のようにエラーを報告します。

  • アルゴリズムの一部として呼び出された関数の実行が例外を投げ、 ExecutionPolicy が3つの標準のポリシーのいずれかの場合は、 std::terminate が呼ばれます。 それ以外のあらゆる ExecutionPolicy については、動作は処理系定義です。
  • アルゴリズムがメモリの確保に失敗した場合は、 std::bad_alloc が投げられます。

[編集] 実装例

1つめのバージョン
template<class InputIt1, class InputIt2>
bool equal(InputIt1 first1, InputIt1 last1, 
           InputIt2 first2)
{
    for (; first1 != last1; ++first1, ++first2) {
        if (!(*first1 == *first2)) {
            return false;
        }
    }
    return true;
}
2つめのバージョン
template<class InputIt1, class InputIt2, class BinaryPredicate>
bool equal(InputIt1 first1, InputIt1 last1, 
           InputIt2 first2, BinaryPredicate p)
{
    for (; first1 != last1; ++first1, ++first2) {
        if (!p(*first1, *first2)) {
            return false;
        }
    }
    return true;
}

[編集]

以下のコードは文字列が回文かどうかを判定するために equal() を使用します。

#include <algorithm>
#include <iostream>
#include <string>
 
bool is_palindrome(const std::string& s)
{
    return std::equal(s.begin(), s.begin() + s.size()/2, s.rbegin());
}
 
void test(const std::string& s)
{
    std::cout << "\"" << s << "\" "
        << (is_palindrome(s) ? "is" : "is not")
        << " a palindrome\n";
}
 
int main()
{
    test("radar");
    test("hello");
}

出力:

"radar" is a palindrome
"hello" is not a palindrome

[編集] 関連項目

一定の基準を満たす最初の要素を探します
(関数テンプレート) [edit]
ある範囲が別の範囲より辞書的に小さいかどうか調べます
(関数テンプレート) [edit]
2つの範囲が異なる最初の位置を探します
(関数テンプレート) [edit]
指定範囲の要素に対して検索を行います
(関数テンプレート) [edit]