名前空間
変種
操作

wcscpy, wcscpy_s

提供: cppreference.com
< c‎ | string‎ | wide
ヘッダ <wchar.h> で定義
(1)
wchar_t *wcscpy( wchar_t *dest, const wchar_t *src );
(C95およびそれ以降)
(C99以前)
wchar_t *wcscpy( wchar_t *restrict dest, const wchar_t *restrict src );
(C99およびそれ以降)
errno_t wcscpy_s( wchar_t *restrict dest, rsize_t destsz,
                  const wchar_t *restrict src );
(2) (C11およびそれ以降)
1) src の指すワイド文字列 (終端のヌルワイド文字を含む) を dest の指すワイド文字配列にコピーします。 dest の配列が十分大きくなければ、動作は未定義です。 文字列がオーバーラップする場合、動作は未定義です。
2) (1) と同じですが、コピー先配列の残りを未規定の値で上書きするかもしれず、以下のエラーが実行時に検出され、設定されている制約ハンドラ関数を呼びます。
  • src または dest がヌルポインタ。
  • destsz がゼロまたは RSIZE_MAX / sizeof(wchar_t) より大きい。
  • destszwcsnlen_s(src, destsz) より小さいまたは等しい。 別の言い方をすると、切り捨てが発生する。
  • コピー元とコピー先の文字列でオーバーラップが発生する。
すべての境界チェック付き関数と同様に、 wcscpy_s__STDC_LIB_EXT1__ が処理系によって定義されていて、 <wchar.h> をインクルードする前にユーザが __STDC_WANT_LIB_EXT1__ を整数定数 1 に定義した場合にのみ、利用可能であることが保証されます。

目次

[編集] 引数

dest - コピー先のワイド文字配列を指すポインタ
src - コピー元のヌル終端ワイド文字列を指すポインタ
destsz - 書き込む最大文字数、一般的にはコピー先バッファのサイズ

[編集] 戻り値

1) dest のコピーを返します。
2) 成功した場合はゼロを返し、エラーが発生した場合は非ゼロを返します。 また、エラーの場合は、 L'\0'dest[0] に書き込みます (dest がヌルポインタでなく、 destsz がゼロでなく RMAX_SIZE / sizeof(wchar_t) より大きくなければ)。

[編集]

#include <wchar.h>
#include <stdio.h>
#include <locale.h>
 
int main(void)
{
    wchar_t *src = L"犬 means dog";
//  src[0] = L'狗' ; // this would be undefined behavior
    wchar_t dst[wcslen(src) + 1]; // +1 to accommodate for the null terminator
    wcscpy(dst, src);
    dst[0] = L'狗'; // OK
 
    setlocale(LC_ALL, "en_US.utf8");
    printf("src = %ls\ndst = %ls\n", src, dst);
}

出力:

src = 犬 means dog
dst = 狗 means dog

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.29.4.1.2 The wcscpy function (p: 430)
  • K.3.9.2.1.1 The wcscpy_s function (p: 639)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.24.4.1.2 The wcscpy function (p: 376)

[編集] 関連項目

ワイド文字列から別のワイド文字列へワイド文字を一定量コピーします
(関数) [edit]
2つのオーバーラップしていない配列間でワイド文字を一定量コピーします
(関数) [edit]
文字列を別の文字列へコピーします
(関数) [edit]