名前空間
変種
操作

strncmp

提供: cppreference.com
< c‎ | string‎ | byte
ヘッダ <string.h> で定義
int strncmp( const char *lhs, const char *rhs, size_t count );

2つのヌル終端かもしれない配列を最大 count 文字比較します。 比較は辞書的に行われます。

結果の符号は比較する文字列内の最初の異なる文字の組の値 (どちらも unsigned char として解釈されます) の差の符号です。

配列 lhs または rhs のいずれかの終端を超えてアクセスが発生した場合、動作は未定義です。 lhs または rhs がヌルポインタの場合、動作は未定義です。

目次

[編集] 引数

lhs, rhs - 比較するヌル終端かもしれない配列を指すポインタ
count - 比較する最大文字数

[編集] 戻り値

辞書順で lhsrhs より前に現れる場合は負の値。

lhsrhs が等しい場合はゼロ。

辞書順で lhsrhs より後に現れる場合は正の値。

[編集] ノート

この関数は、 strcollstrxfrm と異なり、ロケール対応ではありません。

[編集]

#include <string.h>
#include <stdio.h>
 
void demo(const char* lhs, const char* rhs, int sz)
{
    int rc = strncmp(lhs, rhs, sz);
    if(rc == 0)
        printf("First %d chars of [%s] equal [%s]\n", sz, lhs, rhs);
    else if(rc < 0)
        printf("First %d chars of [%s] precede [%s]\n", sz, lhs, rhs);
    else if(rc > 0)
        printf("First %d chars of [%s] follow [%s]\n", sz, lhs, rhs);
 
}
int main(void)
{
    const char* string = "Hello World!";
    demo(string, "Hello!", 5);
    demo(string, "Hello", 10);
    demo(string, "Hello there", 10);
    demo("Hello, everybody!" + 12, "Hello, somebody!" + 11, 5);
}

出力:

First 5 chars of [Hello World!] equal [Hello!]
First 10 chars of [Hello World!] follow [Hello]
First 10 chars of [Hello World!] precede [Hello there]
First 5 chars of [body!] equal [body!]

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.24.4.4 The strncmp function (p: 366)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.21.4.4 The strncmp function (p: 329)
  • C89/C90 standard (ISO/IEC 9899:1990):
  • 4.11.4.4 The strncmp function

[編集] 関連項目

2つの文字列を比較します
(関数) [edit]
2つのワイド文字列の文字を一定量比較します
(関数) [edit]
2つのバッファを比較します
(関数) [edit]
現在のロケールに従って2つの文字列を比較します
(関数) [edit]