名前空間
変種
操作

memcpy, memcpy_s

提供: cppreference.com
< c‎ | string‎ | byte
ヘッダ <string.h> で定義
(1)
void* memcpy( void *dest, const void *src, size_t count );
(C99未満)
void* memcpy( void *restrict dest, const void *restrict src, size_t count );
(C99以上)
errno_t memcpy_s( void *restrict dest, rsize_t destsz,
                  const void *restrict src, rsize_t count );
(2) (C11以上)
1) src の指すオブジェクトから dest の指すオブジェクトに count 個の文字をコピーします。 どちらのオブジェクトも unsigned char の配列として解釈されます。
dest 配列の終端を超えてアクセスが発生する場合、動作は未定義です。 オブジェクトがオーバーラップしている場合 (これは restrict の契約違反です) (C99以上)、動作は未定義です。 dest または src がヌルポインタの場合、動作は未定義です。
2) (1) と同じですが、以下のエラーが実行時に検出され、 (destdestsz がどちらも有効であれば) コピー先の範囲 [dest, dest+destsz) 全体がゼロクリアされ、現在設定されている制約ハンドラ関数を呼びます。
  • dest または src がヌルポインタ。
  • destsz または countRSIZE_MAX より大きい。
  • countdestsz より大きい (バッファオーバーフローが発生する)。
  • コピー元とコピー先のオブジェクトがオーバーラップしている。
dest の指す文字配列のサイズ < count <= destsz の場合、動作は未定義です。 別の言い方をすると、誤った destsz の値は切迫したバッファオーバーフローを露呈しません。
すべての境界チェック付き関数と同様に、 memcpy_s__STDC_LIB_EXT1__ が処理系によって定義されていて、 <string.h> をインクルードする前にユーザが __STDC_WANT_LIB_EXT1__ を整数定数 1 に定義した場合にのみ、利用可能であることが保証されます。

目次

[編集] 引数

dest - コピー先のオブジェクトを指すポインタ
destsz - コピー先の変更する最大バイト数 (一般的にはコピー先オブジェクトのサイズ)
src - コピー元のオブジェクトを指すポインタ
count - コピーするバイト数

[編集] 戻り値

1) dest のコピーを返します。
2) 成功した場合はゼロ、エラーが発生した場合は非ゼロの値を返します。 また、エラーの場合、 dest がヌルポインタでなく destsz が有効であれば、 destsz 個のゼロのバイトをコピー先の配列に書き込みます。

[編集] ノート

memcpy は確保関数で取得したオブジェクトの実効型を設定するために使用することができます。

memcpy はメモリからメモリへのコピーのための最も高速なライブラリルーチンであることが意図されています。 通常、コピーするデータをスキャンしなければならない strcpy や、オーバーラップする入力を処理するための予防措置を取らなければならない memmove よりも、効率的です。

一部の C++ コンパイラは、適したメモリコピーループを memcpy の呼び出しに変換します。

厳格なエイリアシングにより同じメモリを2つの異なる型の値として調べることが禁止される場合に、値を変換するために memcpy を使用することができます。

[編集]

#define __STDC_WANT_LIB_EXT1__ 1
#include <stdio.h>
#include <stdint.h>
#include <inttypes.h>
#include <string.h>
#include <stdlib.h>
 
int main(void)
{
    // simple usage
    char source[] = "once upon a midnight dreary...", dest[4];
    memcpy(dest, source, sizeof dest);
    for(size_t n = 0; n < sizeof dest; ++n)
        putchar(dest[n]);
 
    // setting effective type of allocated memory to be int
    int *p = malloc(3*sizeof(int));   // allocated memory has no effective type
    int arr[3] = {1,2,3};
    memcpy(p,arr,3*sizeof(int));      // allocated memory now has an effective type
 
    // reinterpreting data
    double d = 0.1;
//    int64_t n = *(int64_t*)(&d); // strict aliasing violation
    int64_t n;
    memcpy(&n, &d, sizeof d); // OK
    printf("\n%a is %" PRIx64 " as an int64_t\n", d, n);
 
#ifdef __STDC_LIB_EXT1__
    set_constraint_handler_s(ignore_handler_s);
    char src[] = "aaaaaaaaaa";
    char dst[] = "xyxyxyxyxy";
    int r = memcpy_s(dst,sizeof dst,src,5);
    printf("dst = \"%s\", r = %d\n", dst,r);
    r = memcpy_s(dst,5,src,10);            //  count is greater than destsz  
    printf("dst = \"");
    for(size_t ndx=0; ndx<sizeof dst; ++ndx) {
        char c = dst[ndx];
        c ? printf("%c", c) : printf("\\0");
    }
    printf("\", r = %d\n", r);
#endif
}

出力例:

once
0x1.999999999999ap-4 is 3fb999999999999a as an int64_t
dst = "aaaaayxyxy", r = 0
dst = "\0\0\0\0\0yxyxy", r = 22

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.24.2.1 The memcpy function (p: 362)
  • K.3.7.1.1 The memcpy_s function (p: 614)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.21.2.1 The memcpy function (p: 325)
  • C89/C90 standard (ISO/IEC 9899:1990):
  • 4.11.2.1 The memcpy function

[編集] 関連項目

バッファを別のバッファへ移動します
(関数) [edit]
2つのオーバーラップしていない配列間でワイド文字を一定量コピーします
(関数) [edit]