名前空間
変種
操作

atof

提供: cppreference.com
< c‎ | string‎ | byte
ヘッダ <stdlib.h> で定義
double atof( const char* str );

str の指すバイト文字列内の浮動小数点値を解釈します。

最初の非ホワイトスペース文字が見つかるまで、あらゆるホワイトスペース文字を破棄します (ホワイトスペースは std::isspace() によって判定されます)。 その後、有効な浮動小数点表現を形成する文字を可能な限り多く読み込み、それを浮動小数点値に変換します。 有効な浮動小数点値は以下のいずれかです。

  • 10進数の浮動小数点表現。 これは以下の部分から構成されます。
  • (オプション) 正または負の符号。
  • 空でない10進数字の並び。 オプションの小数点文字 (現在の C のロケールによって決定されます) を含むこともできます。 仮数部を定義します。
  • (オプション) e または E、それに続くオプションの正または負の符号、および空でない10進数字の並び。 指数を定義します。
  • 2進数の浮動小数点表現。 これは以下の部分から構成されます。
  • (オプション) 正または負の符号。
  • 0x または 0X
  • 空でない16進数字の並び。 オプションの小数点文字 (現在の C のロケールによって決定されます) を含むこともできます。 仮数部を定義します。
  • (オプション) p または P、それに続くオプションの正または負の符号、および空でない10進数字。 指数を定義します。
  • 無限大の表現。 これは以下の部分から構成されます。
  • (オプション) 正または負の符号。
  • INF または INFINITY。 大文字小文字の違いは無視されます。
  • 非数の表現。 これは以下の部分から構成されます。
  • (オプション) 正または負の符号。
  • NAN または NAN(char_sequence)NAN 部分の大文字小文字の違いは無視されます。 char_sequence 部分は数字、ラテン文字およびアンダースコアのみ含むことができます。 結果は quiet NaN の浮動小数点値です。
  • 現在設定されている C のロケールによって受理される、その他のあらゆる表現。

目次

[編集] 引数

str - 解釈するヌル終端バイト文字列を指すポインタ

[編集] 戻り値

成功した場合は str の内容に対応する double 値。 変換後の値が戻り値の型の範囲外の場合、戻り値は未定義です。 変換を行えない場合は、 0.0 が返されます。

[編集]

#include <stdlib.h>
#include <stdio.h>
 
int main(void)
{
    printf("%g\n", atof("  -0.0000000123junk"));
    printf("%g\n", atof("0.012"));
    printf("%g\n", atof("15e16"));
    printf("%g\n", atof("-0x1afp-2"));
    printf("%g\n", atof("inF"));
    printf("%g\n", atof("Nan"));
    printf("%g\n", atof("1.0e+309"));   // UB: out of range of double
    printf("%g\n", atof("0.0"));
    printf("%g\n", atof("junk"));       // no conversion can be performed
}

出力例:

-1.23e-08
0.012
1.5e+17
-107.75
inf
nan
inf
0
0

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.22.1.1 The atof function (p: 341)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.20.1.1 The atof function (p: 307)
  • C89/C90 standard (ISO/IEC 9899:1990):
  • 4.10.1.1 The atof function

[編集] 関連項目

バイト文字列を浮動小数点値に変換します
(関数) [edit]