名前空間
変種
操作

EXIT_SUCCESS, EXIT_FAILURE

提供: cppreference.com
< c‎ | program
ヘッダ <stdlib.h> で定義
#define EXIT_SUCCESS /*implementation defined*/
#define EXIT_FAILURE /*implementation defined*/

EXIT_SUCCESS および EXIT_FAILURE マクロは exit 関数の引数として (そのため main 関数から返す値としても) 使用可能な、プログラム実行ステータスを表す整数式に展開されます。

定数 説明
EXIT_SUCCESS プログラム実行の成功
EXIT_FAILURE プログラム実行の失敗

目次

[編集] ノート

EXIT_SUCCESS がゼロと等しいことは要求されていませんが、 EXIT_SUCCESS と値ゼロはどちらも成功のプログラム実行ステータスを表します (exit を参照してください)。

[編集]

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>
 
int main(void)
{
    FILE *fp = fopen("data.txt","r");
    if (fp == NULL)
    {
       fprintf(stderr,"fopen() failed in file %s at line # %d", __FILE__,__LINE__);
       exit(EXIT_FAILURE);
    }
 
    /* Normal processing continues here. */
    fclose(fp);
    printf("Normal Return\n");
 
    return EXIT_SUCCESS;
}

出力:

fopen() failed in file main.cpp at line # 9

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.22/3 General utilities <stdlib.h> (p: 340)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.20/3 General utilities <stdlib.h> (p: 306)
  • C89/C90 standard (ISO/IEC 9899:1990):
  • 4.10 General utilities <stdlib.h>

[編集] 関連項目

EXIT_SUCCESS, EXIT_FAILUREC++リファレンス