名前空間
変種
操作

isgreaterequal

提供: cppreference.com
< c‎ | numeric‎ | math
 
 
 
一般的な数学関数
関数
基本操作
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)(C99)(C99)
指数関数
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)
冪関数
(C99)
(C99)
三角関数と双曲線関数
(C99)
(C99)
(C99)
誤差関数とガンマ関数
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)
最も近い整数
(C99)(C99)(C99)
(C99)
(C99)(C99)(C99)
浮動小数点操作関数
(C99)(C99)
(C99)
(C99)
分類
(C99)
(C99)
(C99)
isgreaterequal
(C99)
(C99)
(C99)(C99)
マクロ定数
 
ヘッダ <math.h> で定義
#define isgreaterequal(x, y) /* implementation defined */
(C99以上)

浮動小数点数値 x が浮動小数点数値 y より大きいまたは等しいかどうか、浮動小数点例外を設定せずに判定します。

目次

[編集] 引数

x - 浮動小数点値
y - 浮動小数点値

[編集] 戻り値

x >= y の場合は非ゼロの整数値、そうでなければ 0

[編集] ノート

浮動小数点数値に対する組み込みの >= 演算子は一方または両方の引数が NaN であれば FE_INVALID を発生する場合があります。 この関数は >= 演算子の「quiet」バージョンです。

[編集]

#include <stdio.h>
#include <math.h>
 
int main(void)
{
    printf("isgreaterequal(2.0,1.0)      = %d\n", isgreaterequal(2.0,1.0));
    printf("isgreaterequal(1.0,2.0)      = %d\n", isgreaterequal(1.0,2.0));
    printf("isgreaterequal(1.0,1.0)      = %d\n", isgreaterequal(1.0,1.0));
    printf("isgreaterequal(INFINITY,1.0) = %d\n", isgreaterequal(INFINITY,1.0));
    printf("isgreaterequal(1.0,NAN)      = %d\n", isgreaterequal(1.0,NAN));
 
    return 0;
}

出力例:

isgreaterequal(2.0,1.0)      = 1
isgreaterequal(1.0,2.0)      = 0
isgreaterequal(1.0,1.0)      = 1
isgreaterequal(INFINITY,1.0) = 1
isgreaterequal(1.0,NAN)      = 0

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.12.14.2 The isgreaterequal macro (p: 259-260)
  • F.10.11 Comparison macros (p: 531)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.12.14.2 The isgreaterequal macro (p: 240-241)

[編集] 関連項目

第1引数の浮動小数点が第2引数より小さいまたは等しいかどうか調べます
(関数) [edit]
isgreaterequalC++リファレンス