名前空間
変種
操作

一般的な数学関数

提供: cppreference.com
< c‎ | numeric
 
 
 
一般的な数学関数
関数
基本操作
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)(C99)(C99)
指数関数
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)
冪関数
(C99)
(C99)
三角関数と双曲線関数
(C99)
(C99)
(C99)
誤差関数とガンマ関数
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)
最も近い整数
(C99)(C99)(C99)
(C99)
(C99)(C99)(C99)
浮動小数点操作関数
(C99)(C99)
(C99)
(C99)
分類
(C99)
(C99)
(C99)
(C99)(C99)
マクロ定数
 

目次

[編集] 関数

ヘッダ <stdlib.h> で定義
整数値の絶対値 (|x|) を計算します
(関数) [edit]
整数除算の商と余りを計算します
(関数) [edit]
ヘッダ <inttypes.h> で定義
整数値の絶対値 (|x|) を計算します
(関数) [edit]
整数除算の商と余りを計算します
(関数) [edit]
ヘッダ <math.h> で定義
基本操作
(C99)(C99)
浮動小数点値の絶対値 (|x|) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
浮動小数点除算の余りを計算します
(関数) [edit]
浮動小数点除算の符号付きの余りを計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
除算の下位3ビットと符号付きの余りを計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
積和演算を行います
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
2つの浮動小数点の大きい方を判定します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
2つの浮動小数点の小さい方を判定します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
2つの浮動小数点の正の差 (max(0, x-y)) を求めます
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
NaN (非数) を返します
(関数) [edit]
指数関数
(C99)(C99)
ex 乗 (ex) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
2x 乗 (2x) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
ex 乗から 1 を引いた値 (ex-1) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
(e を底とする) 自然対数 (ln(x)) を計算します
(関数) [edit]
(10 を底とする) 常用対数 (log10(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
2を底とする対数 (log2(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
指定した値に 1 を加えた値の (e を底とする) 自然対数 (ln(1+x)) を計算します
(関数) [edit]
冪関数
(C99)(C99)
xy 乗 (xy) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
平方根 (x) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
立方根 (3x) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
2つの値の二乗和の平方根 (x2
+y2
) を計算します
(関数) [edit]
三角関数
(C99)(C99)
正弦 (sin(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
余弦 (cos(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
正接 (tan(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
逆正弦 (arcsin(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
逆余弦 (arccos(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
逆正接 (arctan(x)) を計算します
(関数) [edit]
象限を判断するために符号を使用して逆正接を計算します
(関数) [edit]
双曲線関数
(C99)(C99)
双曲線正弦 (sh(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
双曲線余弦 (ch(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)
双曲線正接を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
逆双曲線正弦 (arsinh(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
逆双曲線余弦 (arcosh(x)) を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
逆双曲線正接 (artanh(x)) を計算します
(関数) [edit]
誤差関数とガンマ関数
(C99)(C99)(C99)
誤差関数を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
相補誤差関数を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
ガンマ関数を計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
ガンマ関数の (e を底とする) 自然対数を計算します
(関数) [edit]
最も近い整数
(C99)(C99)
指定された値より小さくない最も小さな整数を返します
(関数) [edit]
指定された値より大きくない最も大きな整数を返します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
指定された値より絶対値が大きくない最も近い整数に丸めます
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
最も近い整数に丸めます。 ちょうど中央の場合はゼロから遠ざかる方向に丸めます
(関数) [edit]
現在の丸めモードを使用して整数に丸めます
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)(C99)(C99)(C99)(C99)(C99)(C99)
現在の丸めモードを使用して整数に丸めますが、結果が異なる場合は例外を発生します
(関数) [edit]
浮動小数点操作関数
数値を仮数と 2 の指数に分解します
(関数) [edit]
数値に 2 の累乗を掛けます
(関数) [edit]
(C99)(C99)
数値を整数部と小数部に分解します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)(C99)(C99)(C99)
数値と FLT_RADIX の累乗の乗算を効率良く計算します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
指定された数値の指数を取り出します
(関数) [edit]
(C99)(C99)(C99)
指定された数値の指数を取り出します
(関数) [edit]
指定された値に向かう方向の次の表現可能な浮動小数点を求めます
(関数) [edit]
指定された値の絶対値と指定された値の符号を持つ値を生成します
(関数) [edit]
分類と比較
指定された浮動小数点値を分類します
(関数) [edit]
指定された数値が有限値かどうか調べます
(関数) [edit]
(C99)
指定された数値が無限大かどうか調べます
(関数) [edit]
(C99)
指定された数値が NaN かどうか調べます
(関数) [edit]
指定された数値が正規化数かどうか調べます
(関数) [edit]
指定された数値が負かどうか調べます
(関数) [edit]
第1引数の浮動小数点が第2引数より大きいかどうか調べます
(関数) [edit]
第1引数の浮動小数点が第2引数より大きいまたは等しいかどうか調べます
(関数) [edit]
(C99)
第1引数の浮動小数点が第2引数より小さいかどうか調べます
(関数) [edit]
第1引数の浮動小数点が第2引数より小さいまたは等しいかどうか調べます
(関数) [edit]
第1引数の浮動小数点が第2引数より小さいまたは大きいかどうか調べます
(関数) [edit]
2つの浮動小数点が順序付けできないかどうか調べます
(関数) [edit]

[編集]

ヘッダ <stdlib.h> で定義
div 関数の戻り値の構造体型
(typedef) [edit]
ldiv 関数の戻り値の構造体型
(typedef) [edit]
lldiv 関数の戻り値の構造体型
(typedef) [edit]
ヘッダ <inttypes.h> で定義
imaxdiv 関数の戻り値の構造体型
(typedef) [edit]
ヘッダ <math.h> で定義
少なくとも float 以上の幅を持つ最も効率の良い浮動小数点型
(typedef) [edit]
少なくとも double 以上の幅を持つ最も効率の良い浮動小数点型
(typedef) [edit]

[編集] マクロ定数

ヘッダ <math.h> で定義

float, double, long double で表現できない大きな値 (無限大) を表すマクロ
(マクロ定数) [edit]

正の無限大または float をオーバーフローすることが保証されている値に評価されるマクロ
(マクロ定数) [edit]
(C99)
float 型の quiet NaN に評価されるマクロ
(マクロ定数) [edit]
一般的に言って乗算と加算を行うより fma 関数の方が早いまたは等しいことを表すマクロ
(マクロ定数) [edit]
x が 0 または NaN の場合に ilogb(x) が返す値
(マクロ定数) [edit]
一般的な数学関数で使用されるエラー処理方法の定義
(マクロ定数) [edit]
分類
浮動小数点の分類を表す定数
(マクロ定数) [edit]

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.8 Format conversion of integer types <inttypes.h> (p: 217-220)
  • 7.12 Mathematics <math.h> (p: 231-261)
  • 7.22 General utilities <stdlib.h> (p: 340-360)
  • 7.31.5 Format conversion of integer types <inttypes.h> (p: 455)
  • 7.31.12 General utilities <stdlib.h> (p: 456)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.8 Format conversion of integer types <inttypes.h> (p: 198-201)
  • 7.12 Mathematics <math.h> (p: 212-242)
  • 7.20 General utilities <stdlib.h> (p: 306-324)
  • 7.26.4 Format conversion of integer types <inttypes.h> (p: 401)
  • 7.26.10 General utilities <stdlib.h> (p: 402)
  • C89/C90 standard (ISO/IEC 9899:1990):
  • 4.5 MATHEMATICS <math.h>
  • 4.10 GENERAL UTILITIES <stdlib.h>
  • 4.13.4 Mathematics <math.h>
  • 7.13.7 General utilities <stdlib.h>

[編集] 関連項目

一般的な数学関数C++リファレンス