名前空間
変種
操作

FE_DIVBYZERO, FE_INEXACT, FE_INVALID, FE_OVERFLOW, FE_UNDERFLOW, FE_ALL_EXCEPT

提供: cppreference.com
< c‎ | numeric‎ | fenv
ヘッダ <fenv.h> で定義
#define FE_DIVBYZERO    /*implementation defined power of 2*/
(C99およびそれ以降)
#define FE_INEXACT      /*implementation defined power of 2*/
(C99およびそれ以降)
#define FE_INVALID      /*implementation defined power of 2*/
(C99およびそれ以降)
#define FE_OVERFLOW     /*implementation defined power of 2*/
(C99およびそれ以降)
#define FE_UNDERFLOW    /*implementation defined power of 2*/
(C99およびそれ以降)
#define FE_ALL_EXCEPT  FE_DIVBYZERO | FE_INEXACT | \

                       FE_INVALID | FE_OVERFLOW |  \

                       FE_UNDERFLOW
(C99およびそれ以降)

これらのマクロ定数はすべて (FE_ALL_EXCEPT を除く)、サポートされているすべての浮動小数点例外を識別する一意な独立した2の乗数の整数定数式に展開されます。 各マクロはサポートされている場合にのみ定義されます。

他のすべての FE_* のビット単位の論理和に展開されるマクロ定数 FE_ALL_EXCEPT は、常に定義され、処理系が浮動小数点例外をサポートしていない場合はゼロになります。

定数 説明
FE_DIVBYZERO 以前の浮動小数点演算で極エラーが発生しました
FE_INEXACT 不正確な結果。 以前の浮動小数点演算の結果を格納するために丸めが必要でした
FE_INVALID 以前の浮動小数点演算で定義域エラーが発生しました
FE_OVERFLOW 以前の浮動小数点演算の結果が表現できないほど大きすぎました
FE_UNDERFLOW 以前の浮動小数点演算の結果が精度の喪失を伴う非正規化数でした
FE_ALL_EXCEPT サポートされているすべての浮動小数点例外のビット単位の論理和

処理系は追加の浮動小数点例外を表すために <fenv.h> で追加のマクロ定数を定義するかもしれません。 そのような定数はすべて FE_ で始まり、少なくとも1つの大文字が続きます。

さらなる詳細は math_errhandling を参照してください。

[編集]

#include <stdio.h>
#include <math.h>
#include <float.h>
#include <fenv.h>
 
#pragma STDC FENV_ACCESS ON
void show_fe_exceptions(void)
{
    printf("exceptions raised:");
    if(fetestexcept(FE_DIVBYZERO)) printf(" FE_DIVBYZERO");
    if(fetestexcept(FE_INEXACT))   printf(" FE_INEXACT");
    if(fetestexcept(FE_INVALID))   printf(" FE_INVALID");
    if(fetestexcept(FE_OVERFLOW))  printf(" FE_OVERFLOW");
    if(fetestexcept(FE_UNDERFLOW)) printf(" FE_UNDERFLOW");
    feclearexcept(FE_ALL_EXCEPT);
    printf("\n");
}
 
int main(void)
{
    printf("MATH_ERREXCEPT is %s\n",
           math_errhandling & MATH_ERREXCEPT ? "set" : "not set");
 
    printf("0.0/0.0 = %f\n", 0.0/0.0);
    show_fe_exceptions();
 
    printf("1.0/0.0 = %f\n", 1.0/0.0);
    show_fe_exceptions();
 
    printf("1.0/10.0 = %f\n", 1.0/10.0);
    show_fe_exceptions();
 
    printf("sqrt(-1) = %f\n", sqrt(-1));
    show_fe_exceptions();
 
    printf("DBL_MAX*2.0 = %f\n", DBL_MAX*2.0);
    show_fe_exceptions();
 
    printf("nextafter(DBL_MIN/pow(2.0,52),0.0) = %.1f\n",
                      nextafter(DBL_MIN/pow(2.0,52),0.0));
    show_fe_exceptions();
}

出力例:

MATH_ERREXCEPT is set
0.0/0.0 = nan
exceptions raised: FE_INVALID
1.0/0.0 = inf
exceptions raised: FE_DIVBYZERO
1.0/10.0 = 0.100000
exceptions raised: FE_INEXACT
sqrt(-1) = -nan
exceptions raised: FE_INVALID
DBL_MAX*2.0 = inf
exceptions raised: FE_INEXACT FE_OVERFLOW
nextafter(DBL_MIN/pow(2.0,52),0.0) = 0.0
exceptions raised: FE_INEXACT FE_UNDERFLOW

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.6/6 Floating-point environment <fenv.h> (p: 207)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.6/5 Floating-point environment <fenv.h> (p: 188)

[編集] 関連項目

一般的な数学関数で使用されるエラー処理方法の定義
(マクロ定数) [edit]
浮動小数点例外マクロC++リファレンス