名前空間
変種
操作

localeconv

提供: cppreference.com
< c‎ | locale
ヘッダ <locale.h> で定義
struct lconv *localeconv(void);

localeconv 関数は、現在の C のロケールの数値および金額の書式化ルールを表す lconv 型の static オブジェクトを指すポインタを取得します。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

現在の lconv オブジェクトを指すポインタ。

[編集] ノート

返されたポインタを通してオブジェクトの参照を変更することは未定義動作です。

localeconv は static オブジェクトを変更します。 同期せずに異なるスレッドから呼ぶことは未定義動作です。

[編集]

#include <stdio.h>
#include <locale.h>
 
int main(void)
{
  setlocale(LC_MONETARY, "en_IN.utf8");
  struct lconv *lc = localeconv();
  printf("Local Currency Symbol        : %s\n", lc->currency_symbol);
  printf("International Currency Symbol: %s\n", lc->int_curr_symbol);
}

出力:

Local Currency Symbol        : ₹
International Currency Symbol: INR

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.11.2.1 The localeconv function (p: 225-230)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.11.2.1 The localeconv function (p: 206-211)
  • C89/C90 standard (ISO/IEC 9899:1990):
  • 4.4.2.1 The localeconv function

[編集] 関連項目

現在のCのロケールを取得および設定します
(関数) [edit]
localeconv から返される書式の詳細
(クラス) [edit]
localeconvC++リファレンス