名前空間
変種
操作

remove

提供: cppreference.com
< c‎ | io
 
 
ファイル入出力
関数
ファイルアクセス
直接入出力
書式なし入出力
(C11以前)(C11およびそれ以降)
(C95)(C95)
(C95)
(C95)(C95)
(C95)
(C95)
書式付き入力
書式付き出力
ファイル位置操作
エラー処理
ファイルに対する操作
remove
 
ヘッダ <stdio.h> で定義
int remove( const char *fname );

fname の指す文字列が表すファイルを削除します。

ファイルがこのプロセスまたは他のプロセスによって現在開かれている場合、この関数の動作は処理系定義です (特に、 POSIX システムでは最後の実行中のプロセスがファイルを閉じるまでファイルシステムの空間は回収されなくともファイル名をリンク解除しますが、 Windows ではファイルを削除することはできません)。

目次

[編集] 引数

fname - 削除するファイルを表すパスを格納しているヌル終端文字列を指すポインタ

[編集] 戻り値

成功した場合は 0、エラーが発生した場合は非ゼロの値。

[編集] ノート

POSIX はこの関数の動作について多数の追加の詳細を規定しています

[編集]

#include <stdio.h>
int main(void)
{
    FILE* fp = fopen("file1.txt", "w"); // create file
    if(!fp) { perror("file1.txt"); return 1; }
    puts("Created file1.txt");
    fclose(fp);
 
    int rc = remove("file1.txt");
    if(rc) { perror("remove"); return 1; }
    puts("Removed file1.txt");
 
    fp = fopen("file1.txt", "r"); // Failure: file does not exist
    if(!fp) perror("Opening removed file failed");
 
    rc = remove("file1.txt"); // Failure: file does not exist
    if(rc) perror("Double-remove failed");
}

出力:

Created file1.txt
Removed file1.txt
Opening removed file failed: No such file or directory
Double-remove failed: No such file or directory

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.21.4.1 The remove function (p: 302)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.19.4.1 The remove function (p: 268)
  • C89/C90 standard (ISO/IEC 9899:1990):
  • 4.9.4.1 The remove function

[編集] 関連項目

ファイルの名前を変更します
(関数) [edit]