名前空間
変種
操作

tm

提供: cppreference.com
< c‎ | chrono
ヘッダ <time.h> で定義
struct tm;

各部に分解されたカレンダー日時を保持する構造体。

目次

[編集] メンバオブジェクト

int tm_sec 秒 — [0, 61] (C99以前)[0, 60] (C99およびそれ以降)[注釈 1]
int tm_min 分 — [0, 59]
int tm_hour 時間 — [0, 23]
int tm_mday 日 — [1, 31]
int tm_mon 1月から数えた月 — [0, 11]
int tm_year 1900年から数えた年
int tm_wday 日曜日から数えた曜日 — [0, 6]
int tm_yday 1月1日から数えた通日 — [0, 365]
int tm_isdst 夏時間フラグ。 夏時間が実施されていれば正の値、実施されていなければゼロ、情報が利用できなければ負の値
[編集] 注釈
  1. 範囲は正の閏秒を許可します。 同じ分内に2回の閏秒は許可されません (C90 の範囲 0..61 は欠陥でした)。

[編集]

カレンダー時刻の開始を表示します。

#include <stdio.h>
#include <time.h>
 
int main(void)
{
    struct tm start = {.tm_mday=1};
    mktime(&start);
    printf("%s\n", asctime(&start));
}

出力例:

Mon Jan  1 00:00:00 1900

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.27.1/3 Components of time (p: 388)
  • C99 standard (ISO/IEC 9899:1999):
  • 7.23.1/3 Components of time (p: 338)
  • C89/C90 standard (ISO/IEC 9899:1990):
  • 4.12.1 Components of time

[編集] 関連項目

エポックからの経過時間を現地時間で表したカレンダー時刻に変換します
(関数) [edit]
エポックからの経過時間を協定世界時 (UTC) として表したカレンダー時刻に変換します
(関数) [edit]