名前空間
変種
操作

atomic_signal_fence

提供: cppreference.com
< c‎ | atomic
ヘッダ <stdatomic.h> で定義
void atomic_signal_fence( memory_order order );
(C11およびそれ以降)

order の指定に従って、あるスレッドと、その同じスレッド上で実行されるシグナルハンドラとの間の、非アトミックアクセスと緩和されたアトミックアクセスのメモリ同期順序付けを確立します。 atomic_thread_fence と同等ですが、メモリ順序付けのための CPU 命令は発行しません。 コンパイラによる命令の順序変更だけが order に従って抑制されます。 例えば、解放フェンスは読み書きが後続の書き込みの後に移動することを阻み、取得フェンスは読み書きが先行する読み込みの前に移動することを阻みます。

目次

[編集] 引数

order - このフェンスによって実行されるメモリ順序付け

[編集] 戻り値

(なし)

[編集] 参考文献

  • C11 standard (ISO/IEC 9899:2011):
  • 7.17.4.2 The atomic_signal_fence function (p: 279)

[編集] 関連項目

汎用メモリ順序依存フェンス同期プリミティブ
Original:
generic memory order-dependent fence synchronization primitive
The text has been machine-translated via Google Translate.
You can help to correct and verify the translation. Click here for instructions.

(関数) [edit]
atomic_signal_fenceC++リファレンス