名前空間
変種
操作

std::{{{1}}}::extract

提供: cppreference.com
node_type extract( const_iterator position );
(1) (C++17以上)
node_type extract( const key_type& x );
(2) (C++17以上)
1) position の指す要素を持つノードを切り離し、それを所有するノードハンドルを返します。
2) コンテナが x と同等なキーを持つ要素を持っていれば、その要素を持つノードをコンテナから切り離し、それを所有するノードハンドルを返します。 そうでなければ、空のノードハンドルを返します。

いずれの場合でも、要素はコピーもムーブもされません。 コンテナノードの内部ポインタが指し変えられるだけです。


目次

[編集] 引数

position - このコンテナ内の有効なイテレータ
x - 抽出するノードを識別するキー

[編集] 戻り値

抽出した要素を所有するノードハンドル。 または、オーバーロード (2) で要素が見つからなかった場合、空のノードハンドル。

[編集] 計算量

[編集] ノート

extract は再確保なしでマップ要素のキーを変更する唯一の方法です。

map<int, string> m{{1, "mango"}, {2, "papaya"}, {3, "guava"}};
auto nh = m.extract(2);
nh.key() = 4;
m.insert(move(nh));
// m == {{1, "mango"}, {3, "guava"}, {4, "papaya"}}

[編集]

[編集] 関連項目

ソートされた2つのリストをマージします
(std::{{{1}}}のパブリックメンバ関数) [edit]
要素を挿入します
(std::{{{1}}}のパブリックメンバ関数) [edit]
要素を削除します
(std::{{{1}}}のパブリックメンバ関数) [edit]