名前空間
変種
操作

std::tuple

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility
 
 
 
 
ヘッダ <tuple> で定義
template< class... Types >
class tuple;
(C++11およびそれ以降)

クラステンプレート std::tuple は、異なる型を持つ複数の値の固定サイズのコレクションです。 std::pair を一般化したものと言えます。

(std::is_trivially_destructible_v<Types> && ...)true であれば、 tuple のデストラクタもトリビアルです。

(C++17およびそれ以降)

目次

[編集] テンプレート引数

Types... - タプルが格納する要素の型。 空リストでも構いません。

[編集] メンバ関数

新しい tuple を構築します
(パブリックメンバ関数)
tuple の内容を別の tuple に代入します
(パブリックメンバ関数)
2つの tuple の内容を交換します
(パブリックメンバ関数)

[編集] 非メンバ関数

引数の型によって定義される型の tuple オブジェクトを作成します
(関数テンプレート) [edit]
左辺値参照の tuple を作成したり、タプルを個々のオブジェクトに分解したりします
(関数テンプレート) [edit]
右辺値参照の tuple を作成します
(関数テンプレート) [edit]
任意の数のタプルを連結して新たな tuple を作成します
(関数テンプレート) [edit]
タプルの指定された要素にアクセスします
(関数テンプレート) [edit]
タプル内の値を辞書的に比較します
(関数テンプレート) [edit]
std::swap アルゴリズムの特殊化
(関数テンプレート) [edit]

[編集] ヘルパークラス

コンパイル時に tuple のサイズを取得します
(クラステンプレートの特殊化) [edit]
指定された要素の型を取得します
(クラステンプレートの特殊化) [edit]
std::uses_allocator 型特性の特殊化
(クラステンプレートの特殊化) [edit]
tupletie で分解するときに要素をスキップするためのプレースホルダです
(定数) [edit]

[編集] 推定ガイド(C++17およびそれ以降)

[編集] ノート

C++17 以前では、関数の戻り値にリスト初期化を使うことはできませんでした。

std::tuple<int, int> foo_tuple() 
{
  return {1, -1};  // Error until C++17
  return std::make_tuple(1, -1); // Always works
}

[編集]

#include <tuple>
#include <iostream>
#include <string>
#include <stdexcept>
 
std::tuple<double, char, std::string> get_student(int id)
{
    if (id == 0) return std::make_tuple(3.8, 'A', "Lisa Simpson");
    if (id == 1) return std::make_tuple(2.9, 'C', "Milhouse Van Houten");
    if (id == 2) return std::make_tuple(1.7, 'D', "Ralph Wiggum");
    throw std::invalid_argument("id");
}
 
int main()
{
    auto student0 = get_student(0);
    std::cout << "ID: 0, "
              << "GPA: " << std::get<0>(student0) << ", "
              << "grade: " << std::get<1>(student0) << ", "
              << "name: " << std::get<2>(student0) << '\n';
 
    double gpa1;
    char grade1;
    std::string name1;
    std::tie(gpa1, grade1, name1) = get_student(1);
    std::cout << "ID: 1, "
              << "GPA: " << gpa1 << ", "
              << "grade: " << grade1 << ", "
              << "name: " << name1 << '\n';
 
    // C++17 structured binding:
    auto [ gpa2, grade2, name2 ] = get_student(2);
    std::cout << "ID: 2, "
              << "GPA: " << gpa2 << ", "
              << "grade: " << grade2 << ", "
              << "name: " << name2 << '\n';
}

出力:

ID: 0, GPA: 3.8, grade: A, name: Lisa Simpson
ID: 1, GPA: 2.9, grade: C, name: Milhouse Van Houten
ID: 2, GPA: 1.7, grade: D, name: Ralph Wiggum

[編集] 参考文献

  • C++11 standard (ISO/IEC 14882:2011):
  • 20.4 Tuples [tuple]