名前空間
変種
操作

std::make_pair

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | pair
 
 
 
 
ヘッダ <utility> で定義
template< class T1, class T2 >
std::pair<T1,T2> make_pair( T1 t, T2 u );
(C++11以前)
template< class T1, class T2 >
std::pair<V1,V2> make_pair( T1&& t, T2&& u );
(C++11およびそれ以降)
(C++14以前)
template< class T1, class T2 >
constexpr std::pair<V1,V2> make_pair( T1&& t, T2&& u );
(C++14およびそれ以降)

引数の型から目的の型を推定して std::pair オブジェクトを作成します。

推定された型 V1 および V2std::decay<T1>::type および std::decay<T2>::type (値渡しの関数の引数に適用される通常の型変換) です。 ただし、何らかの型 X について、 std::decay の適用結果が std::reference_wrapper<X> となる場合、推定された型は X& になります。

(C++11およびそれ以降)

[編集] 引数

t, u - ペアを構築するための値

[編集] 戻り値

指定された値を格納する std::pair オブジェクト。

[編集]

#include <iostream>
#include <utility>
#include <functional>
 
int main()
{
    int n = 1;
    int a[5] = {1, 2, 3, 4, 5};
 
    // build a pair from two ints
    auto p1 = std::make_pair(n, a[1]);
    std::cout << "The value of p1 is "
              << "(" << p1.first << ", " << p1.second << ")\n";
 
    // build a pair from a reference to int and an array (decayed to pointer)
    auto p2 = std::make_pair(std::ref(n), a);
    n = 7;
    std::cout << "The value of p2 is "
              << "(" << p2.first << ", " << *(p2.second + 2) << ")\n";
}

出力:

The value of p1 is (1, 2)
The value of p2 is (7, 3)