名前空間
変種
操作

std::bitset::to_ullong

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | bitset
 
 
 
 
unsigned long long to_ullong() const
(C++11およびそれ以降)

ビットセットの内容を unsigned long long の整数に変換します。

最初のビットが数値の最下位桁に対応し、最後のビットが最上位桁に対応します。

目次

[編集] 引数

(なし)

[編集] 戻り値

変換された整数。

[編集] 例外

値を unsigned long long で表すことができない場合、 std::overflow_error を投げます。

[編集]

#include <iostream>
#include <bitset>
#include <limits>
 
int main()
{
    std::bitset<std::numeric_limits<unsigned long long>::digits> b(
        0x123456789abcdef0LL
    );
 
    std::cout << b << "  " << std::hex << b.to_ullong() << '\n';
    b.flip();
    std::cout << b << "  " << b.to_ullong() << '\n';
}

出力:

0001001000110100010101100111100010011010101111001101111011110000  123456789abcdef0
1110110111001011101010011000011101100101010000110010000100001111  edcba9876543210f

[編集] 関連項目

データの文字列表現を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]
データの unsigned long 整数表現を返します
(パブリックメンバ関数) [edit]