名前空間
変種
操作

std::bitset::reset

提供: cppreference.com
< cpp‎ | utility‎ | bitset
 
 
 
 
bitset<N>& reset();
(1)
bitset<N>& reset( size_t pos );
(2)

ビットを false に設定します。

1) すべてのビットを false に設定します。
2) 位置 pos のビットを false に設定します。

目次

[編集] 引数

pos - 設定するビットの位置

[編集] 戻り値

*this

[編集] 例外

1)
(なし) (C++11以前)
noexcept 指定:  
noexcept
  
(C++11およびそれ以降)
2) pos がビットセット内の有効な位置に対応しない場合、 std::out_of_range を投げます。

[編集]

#include <iostream>
#include <bitset>
 
int main()
{
    std::bitset<8> b(42);
    std::cout << "Bitset is         " << b << '\n';
    b.reset(1);
    std::cout << "After b.reset(1): " << b << '\n';
    b.reset();
    std::cout << "After b.reset():  " << b << '\n';
}

出力:

Bitset is         00101010
After b.reset(1): 00101000
After b.reset():  00000000

[編集] 関連項目

ビットを true または指定された値に設定します
(パブリックメンバ関数) [edit]
ビットの値を反転させます
(パブリックメンバ関数) [edit]